2017年11月6日月曜日

広島県宮島沖 筏のチヌかかり釣り
























 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 晴れ
 日時 平成29年10月24日(火)
 釣り場 広島県 宮島沖の筏
 釣り方 かかり釣り
 魚種 黒鯛
 使用したハリ 勝負ちぬ筏かかり釣り 3~4号


かかり釣りがしたくなり、久々にかかり釣りに行くことになりました!!
今回の、釣りメイトは、森本浩さんです。
      
江田島方面、宮島方面のどの方面筏か悩んだけど、朝ゆっくりしたいので、
今回も自宅から車で近い大野町にあるオクシン渡船さんに
お世話になることになりました。
                         
船長さんに電話して最近の状況を聞いてみたら、
宮島沖の筏は、ちょいちょいチヌが釣れとるよ~と、
テンション上がる返答を頂き、贅沢は言わず、久々のかかり釣りなので、
チヌ目標1枚を掲げて、いざ大野町へ出発。
                                  
オクシン渡船さんは、出航時間を自由に決められるので、
今回はのんびり釣行ということで、出航時間は7時です。
雨が続いていたため、朝の気温が結構下がり、10月だけど、
寒がりの私は真冬並みの装備で着ぶくれまくりです。
                      
真夏の炎天下の釣りには割と強いんだけど、冬はほんと苦手です…。
7時ちょっと前に出航し、ほどなくして到着した筏は、なんと屋形筏でした!!





てっきり、牡蠣筏にベニヤが置いてあるところに上がるのかと思ったら、
まさかの快適屋形筏でまたまたテンションが上がりました。
隣の筏は牡蠣がたっぷり下がっていて、
チヌが1枚表層で牡蠣をつついています。
                          
船長に、筏のどちら側に団子が効いてますか~って、
聞いてみたところ、チヌよりは、アジのええのが釣れとるから、
アジを狙ってみたら??
という、なんとまぁ…な答えが返ってきました(笑)
                               
いえいえ、チヌを釣りますから~!!
今回使用した針は、山本太郎名人のシールが素敵な
金龍針 勝負チヌ筏3号・4号です。



最初は、団子なしで仕掛けを落としてみたけど、特に反応がないので、
団子を何個か落とし、早速、釣り開始!!
                                   
何だか、1年ぶりの久々なかかり釣りなので、かかり釣り用のリールの
使い方であたふたする私。
                                 
ダンゴを落とす時に、リールをフリーにするのを忘れてたので、
ゆるゆると団子が落ちたり、ガイドにラインが巻いていて、
なかなか落ちなかったりと、私から発生したトラブル続きのため、
途中で落ちて行く団子が止まったりしたので、
底に着底前に当然といえば当然だけど、団子は割れてなくなっていました…。
                                     
事前に落とした団子が効いているかもしれないし、
引き続きそのまま落としてオキアミを流していったけど、特に何事もなく
オキアミが戻ってきました。
                                        
とりあえず、潮は、筏からまっすぐに外に出て行く潮なので、
右隣にある牡蠣筏に仕掛けがいくこともなく、私にはバッチリな潮でした。
それから何度か、仕掛けを落としたけど、
毎回、前あたりはちょいちょいあるんだけど、ちっとも食い込まなくて、
残念な感じ…。
                          
ハリスは噛まれていたりするんだけど、本あたりまでにはほど遠いな~。
隣で釣っていた森本さんも、
こうなったら、前あたりでかけてやると前あたりであわせたりしていたけど、
残念無念な結果に。
                                  
それでも、宮島沖産のやけに緑色が濃い、声も図体も
大きいフグを何匹か釣っていました。
フグとやり取りできて、ちょっとしたイベント発生で羨ましいですけど。
そして...開始から2時間くらい。
                            
私の仕掛けがピコピコっていう前あたりから、
ぐぅぅーーっと本あたりに突入!!
                        
隣で見ていた森本さんが
きたでーーっ!!
って大声をあげ、私も我に帰り、あまりにも久々だったので、
頭の中で山本太郎名人の動画の巻き戻し。
バシーー
っと竿をあげてあわせたら、ラインが出て、
ラインがリールに絡まりました。
                           
初めて何かがかかったので、今まで気づかなかったのですが、
どうやら、ドラグが緩くなってたみたいです。
このリールのドラグは使用したことがなかったので、
ドラグの存在すら気付いていなかったけど、きっと何かの拍子で
緩んでいたみたいですね。
                               
大慌てでラインの絡まりを直し、あたりをきいたら、ラッキーなことに、
まだ魚は付いています!!
またまた、ここからやり取り開始。




でも、魚がパワフルかつ重量ありありで上がりません。
ちょっと魚が気を緩めた時に、よっしゃと、ラインを巻き巻きしたりしたけど、
すぐにチヌのお怒りを買い、筏の下にグーンと潜り込まれ、
こちらが海につんのめりそうになったり。
                       
そうこうしていたら、ブチっとラインブレイク。
タモ入れ間近だったのに残念過ぎです。
でも、今まで、本あたりがずっとなかったので、
もしかしたら時合いかもですよ~。
ほどなくして、
こっちもきたでーー
っと、森本さんがやり取り開始。



それまで連続してフグを釣っていた森本さんは、またフグかもと
ブツブツ言っていたけど、
やり取り中に、こりゃチヌだわと確信!!
そして、この日初のチヌががバッチリ釣れました。



今がチャンスと、私も団子を落としたら、
団子が割れた後、誘いをかけたと同時に、ググっと竿先が曲がりました!!
                  
今回はチヌの動きを確認しながら、
ゆっくりとやり取りをし、何とか私もチヌをゲットです。



今度は落ち着いてやり取りをしたので、
ラインブレイクもなく、バッチリタモ入れできてラッキーでした。
                                 
秋チヌのパワフルさ全開で、短竿なのでダイレクトにチヌの力が伝わってきて、
筏の下に何度も逃げ込まれながらのやり取りで、
この楽しさは表現しがたいくらいです。
                     
これだけきっちりかかっていたら、ばれることもありませんよね。



このチヌから、更に2枚追加し、またちょこっとつつかれる程度で、
本あたりが激減し、食い渋りタイムが始まりましたが...
                                             
1時間くらい経過し、底で団子が割れた直後にドーンとあたりがきたりと、
またまた、チヌのやる気ゲージが上昇したのか、
突然、チヌの食い気が全開モード。
                       
またまた時合いが始まりました。
団子を落としている最中にアタックがあったりと、
何だか1時間前にあった時合いよりも、すぐに本あたりモードの突入するので、
楽しさ倍増。
                                
付け餌をコーンとサナギ盛りにしてから、
ものすごく食いが良くなった気がします。



あとは、たまにレシピを替えて、黄色練り餌かな。
何故か、この時間帯はオキアミはお気に召されなかったみたいです。
この時合いは、満潮潮止まりまで続き、、チヌの数はかなり増やせました!!
ただ、満潮後は、フグすら現れなくなり、ほんと、潮で状況は180度変わりました。
結局、14時のお迎えまで、チヌどころか、フグさえも釣れませんでした。
それでも、本日の釣果は...
2度の時合いでパパっと数が釣れて、なんとなんとの10枚です。



どのチヌも、秋パワー全開。
丸々と太っていて、型がいいチヌもいたので、
大満足の釣行でした。
                           
一日中、風が強くて、寒い一日でしたが、久々にかかり釣りで、
これだけ釣果が上がり、やり取りも楽しんだので、
ほんと、またすぐにでも、かかり釣りに行きたい気持ちです。