2017年4月16日日曜日

鹿児島県霧島市 国分広瀬護岸のチヌ釣り




 投稿者名 新増初生さん
 お住まい 鹿児島県
 天候 曇り
 日時 平成29年04月12日(水)
 釣り場 鹿児島県霧島市国分広瀬の護岸
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 チヌ48㌢まで4匹
 使用したハリ 勝負チヌ1~2号

今日は午後から仕事なので午前中だけの短時間の釣りになります。
この釣り場は、市街地から近く車からすぐのなので
毎日釣り人が多くチヌはすれています。
                
前日の大雨の影響でゴミと泥潮、
大潮で一時激流に成ったりで釣りずらかったですが
 「勝負チヌ」はステルスブラックでチヌの警戒心を解いてくれたのでしょう、
しっかり地獄に掛かっていました。



お陰様で午前9時半までにチヌの48㌢まで4匹が釣れました。
楽しかったです。
    
これからゴールデンウィークに向けて、
自宅近くのいろんな釣り場でチヌ満開となります。
             
「たのしんじゃっど!(楽しみですね!)」
  



2017年4月15日土曜日

広島県 大竹市小方港近くのカレイ&アナゴ







 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 晴れ
 日時 平成29年03月30日(木)
 釣り場 広島県 大竹市小方港近く
 釣り方 ぶっこみ釣り
 魚種 アナゴ・カレイ
 使用したハリ 流線9号

今回のレポートはチヌ釣りではなく、アナゴ釣りレポートです。
             
穴子のサイズが小さくなりつつあったいつも行っている大竹のポイントですが、
数か月竿を出さずに温めていたので、そろそろ穴子の型も良くなったかな…と、
久々に行って来ました、大竹のアナゴポイント。
             
今回は、コスパ釣りということで、青虫200円分でチャレンジです。
この釣り場は、エギングやメバリング、太刀魚など、割と人気の釣り場なので、
もしかしたら唯一  一か所のアナゴポイントが取れないかもしれないという
ドキドキ状態で到着しましたが、18時くらいで
まだ誰もいなかったのでラッキーでした。
             
早速、アナゴ一級ポイントをキープし、仕掛け作りです。




         


今回、出かける前に
3Bのガン玉に
ケイムラ塗料を塗り、
ちょっとした工夫の
仕掛けの準備は万全。
     
針は金流針の
流線9号を使用です。



100本入りなので、とってもお得。











                    
ガン玉と針のみで、
針には青虫を1本か
半分にカットしたものを装着します。
写真用にガン玉を下げていますが、
まだもう少し上の方に打っています。

















今まで、ジグヘッドを使っていたことが多く、針を取ろうにも
アナゴがネタネタと腕に絡んでくるし、お怒りになられて指を噛むしで、
なかなか針が取れないので結構針の救出は時間がかかっていたのですが、
この仕掛けにしてから、アナゴの針が取りにくかったら諦めて
すぐに新しい仕掛けを作ったりと手返しはだいぶ良くなりました。
しかも、針がかりがいいので、アナゴをバラすことがなくなりました!
早速、釣り開始!!



40分くらいはあたりもなかったけど...
潮が少し動いたのと、青虫エキスが海底に漂い始めたのか、
あたりが出始めました!

まずは1匹目ゲットです。


















      



         
一度釣れだすと、割と続けて釣れたりするので...
                  
ここからが楽しいアナゴタイム!
数年前は型が良かったのですが、それから鉛筆サイズが多くなったけど、
今回のアナゴは鉛筆サイズから だいぶ大きくなってみたいで
ちょっとだけずっしり。しばらく釣り場を寝かせていて良かった~。
              
アナゴ釣りってほんま楽しい!!
この日は、中潮なのに潮がほとんど動かなくて、
潮が動かない時はアナゴも静かなもんで、食いが抜群にあるってほど
じゃないけど、ちょっと待ったら、たまに潮が動いて、
そんな時はアナゴたちは裏切らない!
              
しっかりと青虫に食いついてくれます。
そして、それから大きな事件が…
なんと、ここの釣り場では初めてのカレイが釣れましたっ!!




以前に筏で釣ったカレイよりも かなりでっぷりとして
なかなかのもんでした、このカレイ。
                 
ただ…カレイが釣れた20時過ぎくらいまでは、あたりがあったけど...
カレイが釣れた後からは、ぱったりとあたりがなくなり、
結局、21時くらいまでは竿を出していたけど、潮も動かないし、
そろそろ寒さが身に染みてきたしお腹がすいたので、納竿することに決定しました。

以上!!
久々の大竹での釣果はアナゴ5匹、カレイ1匹でしたっ。
     
    

2017年4月6日木曜日

三重県南伊勢町奈屋浦の磯 グレ&チヌ













 投稿者名 盆野浩一さん
 お住まい 三重県
 天候 晴れ  水温:15.8℃ 中潮 波:ウネリ大
 日時 平成29年04月02日(日)
 釣り場 三重県南伊勢町奈屋浦の磯
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 グレ41㎝ チヌ43~48㎝
 使用したハリ 勝負グレ6・7号 勝負チヌ2・3号


42日(日)奈屋浦の磯に寒グレ&春チヌを狙いに出掛けました。
               
当日は、昨日の雨の後、北西風が吹かなかったので
かなりのウネリが残っていました。
          
希望磯の「ニゴリのハナレ」に上がれるか微妙でしたが、
どうにか釣りになりそうなので上がる事にしました。
                     
この磯は、2年前にグレ4845cm3538cm8匹チヌ45cmを
釣ったことのある私の好きな磯です。
                    
              
私のいい思いをした裏のポイントに入りウネリが強いので、
ウキは、B、ハリスは、良型に備えて2.5号、
ハリは、刺さり・掛かり・強さで安心な勝負グレ6号をチョイスした。

 
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=43

        

マキエを磯際に多目に打ち、磯際から仕掛けを入れ込んでいくと
3投目に41cmのグレが奇麗なアタリが出て
重量感がある引きを感じながら無事タモにゲットすることが
出来ました。
                
潮と風が反対方向からで、
少し釣りずらかったですが幸先良いスタートでした。
                     
その後は、潮と風が同方向になり、やり易くなりました。
              
同じポイントに仕掛けを入れると
今度は、じわじわとウキが入るチヌのアタリがあり
少し道糸を張ると奇麗にウキが入り、竿が満月状態になり
慎重にやり取りしタモ入れも無事に出来ました。
ハリのフッキングどころを見てみると呑み込んでいました。
45cmでした。
                              
それではと思い勝負チヌの2号に変更してみました。
 
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=78
 

同じポイントを探ると
今度も良型チヌの48cmがカンヌキに良い具合に
フッキングしてました。
              
二匹共、腹パンの抱卵チヌでした。
                       
サイズアップを狙い打ち返すと43cmを追加。
フッキングを見てみると唇皮一枚で危なくバラスところでした。
 
 
 
                
その後は、休憩と昼食を取りポイントを休ませ30分後再開しましたが、
潮が反対になり当て潮になり、サシエもそのままに残ってきて
魚からの反応が無くなり納竿しました。






2017年4月3日月曜日

千葉県館山市 洲崎地磯のクロダイ釣り









 投稿者名 小山好明さん
 お住まい 千葉県袖ケ浦市
 天候 晴れ
 日時 平成293月18日(土)
 釣り場 千葉県館山市 洲崎地磯
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 黒鯛 43cm・黒鯛41cm
 使用したハリ 勝負ちぬ 1号

先週に引き続き館山の地磯に釣行して来ました。



前回同様に濁りも無く、
波も無く、
黒鯛を釣るには
ダメダメな雰囲気!
       
でも来たからにはどうしても釣りたく
コマセをポイントにドカ撒き!
   
 
すると何と直ぐにウキが沈み1枚目をゲット! 





2枚目を狙う為に
同じようにコマセをドカ撒き!
 
                  
すると簡単に2枚目をゲット!


その後も同じパターンで攻めるも
ド澄で潮が無くなりこの日の釣行は終了しました。



今回のキーワードはドカ撒きと刺さったら絶対に逃がさない
「勝負ちぬ」でした。

山口県 情島の磯 チヌふかせ釣り











 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 晴れ
 日時 平成29年03月22日(水)
 釣り場 山口県 情島
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 チヌ
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 1号

先々週、情島の磯に行こうでぇ......
と、釣行のお誘いを受けていたけど、私が39度以上の高熱が出ていたため、
1週間延期になり、この日に行くこととなりました
                    
2017年初の磯なので、とってもテンション上がってました。
出航場所は周防大島の油宇港、お世話になる渡船屋さんは橋本渡船さんです。
          
初めてお世話になりますが、とても気さくな船長さんで、
情島に到着したら、磯周りの水深を魚探でチェックしてくれました。
後で船長さんに聞いたんだけど、今回の磯は昔、結構実績があった磯らしいく、
今は釣り人が上がっていないそうです。


                  
今回上がる磯は平べったくて足場はバッチリ。
30m手前くらいは、浅場で藻だらけで、
それ以上投げたら藻もありますがゆっくりと深くなっていっています。
                
竿は今回は0号竿を使用しました。
浮きはL0号に小さなバランサーを貼って、ほんの少し沈め気味で。
針は金龍針ネリエ&コーン1号です。


























足元から30mくらいまでは、こんな感じで浅く、藻が点在しています。
時々、優雅に泳ぐフグの姿もチラホラ…。



潮は、右から左にゆっくり動いていています。
私が立っている位置から左側は浅場だし、岩もあるので、正面より右に投げて、
正面くらいまでゆっくり流す感じでスタート。
私が風女なのか、始めたと同時に、風が強くなってきました...。
風で上潮がちょっとすべり気味の中、ラインコントロール祭で投げ続けていました。

開始30分くらい。
尻尾と頭を取ったオキアミを投げていたら、ハリスがちょっと伸び・・・・
どうやら前あたりっぽい!!

2回目でハリスがもっと早く伸びたので、
こりゃ食ったでしょ~
と、あわせたら、かかりましたっ。
                   
でもかかったところが岩の側。
素早いおチヌ様は、私がかかった嬉しさをかみしめていた間に、
速攻で岩にダッシュし、岩にひっつきました。
・・・・てことで、シモリ抜き開始です。



ラインを緩めて待っていると、魚がそろそろかぁみたいな感じでもぞもぞし始め、
竿先がピコピコっと反応したら、よしっ!と、巻いてみます。
そして、チヌがお怒りになられて、またシモリにひっついたら、
またラインを緩めてしばし待ち...を繰り返し、ようやく足元までチヌを誘導。
結構、時間がかかりましたが、ようやくチヌをゲットできました!



1号針は、口の中でしっかりとかかっていたので、
長いシモリ抜きでも外れることなく頑張ってくれていました。




それからも潮が同じような感じなので、
正面右側に投げては左にゆっくり流す…を繰り返し、
1時間くらい経過したら、今度はパっとラインが走りました
                
今回のチヌは、シモリから離れているので、
逃げ込まれなかったけど、かかったポイントは藻だらけなので、今度は藻抜き。
前回のシモリ抜きと同じ要領で藻にひっついたチヌを何とか藻から出して、
2枚目ゲットです。
















このチヌの藻抜きはよく頑張ったと自分で自分を表彰したい気分(笑)
                    
それから...1度、ギュンっとすごいあたりがあり、これがめっちゃパワフル。
                                  
パワフルな魚は、速攻で岩にひっつき、
それから残念なハリス切れとなりました。

そんな事件がありながらも、それからはあたりが全然なし。
             
干潮が11時くらいだったから、潮が変わったら、また何かあたりがあるかもね、
と2枚釣っていたので、心に余裕がありまくりで釣り場作りに専念。
            
                    
とりあえず、コマセをバッチリ効かせ潮変わりに備えておかないとっ。
そして、潮が変わり、潮が左から右に流れだし、
右側は正面より深いポイントで、左側にあるような岩場もなく、
チャンスタイム到来と勝手に予想。
                         
             
予想が当たり、長らくの沈黙をやぶって、チヌがかかりましたっ!
        
      
今回のあたりも、すごい弾丸。力強さがすごいんです。
でも、藻抜きはそこまで待たずにすぐに出てきてくれたりと、
以外とイラっちのチヌだったので、早目にタモ入れできました。
         
               
何だか、このチヌ、今日の中では一番いい型のような気がして、
たまたまメジャーを持って来ていたので、サイズを測ってみたら、
        
なんとなんとの48cm!
         
現場で写真が撮れなかったので、後で港で撮った写真ですが、
こちらが久々の大物、48cmチヌです。




この後、納竿1時間前にさらに1枚追加し、今回の釣果は4枚となりましたっ
                    
辛抱しきれず、しつこく藻にひっついているチヌを力ずくで引きずり出そうとして、
チヌのお怒りを買い、ばらしたこともあり、残念な結果となったこともありましたが、
それでも予想以上の4枚釣れたのはラッキーでした。
                                  
ちなみに、午前中はオキアミで釣れ、午後からは練り餌で釣れました。
                                
休憩なしで納竿ギリギリまで投げ続け、クタクタになり始めた頃、
渡船のお迎えがきました。



後で船長さんから
聞いたのですが、
ここら辺の藻は、
上の方は
ガラ藻が見えますが、
底はワカメゾーン
だそうです。











この日は底でチヌがかかったので、
ワカメからの藻抜きは結構大変だったでしょうと言われていました。
           
そういえば、仕掛けを回収する時も、ずっしりと重さが感じられたのは、
このワカメのせいだったんですね。
               
今回の情島釣行、遠投、藻抜き、シモリ抜きと、
かなり勉強になった釣行となりました。
とりあえず、今年初めての磯で、予想以上に釣れて良かったです!!