2013年12月27日金曜日

伊豆半島 伊豆市小下田の磯の尾長



 投稿者名 谷口 良弘さん
 お住まい 静岡県富士市
 天候 
 日時 平成25年12月25日(水)
 釣り場 伊豆半島 伊豆市小下田の磯 中の島
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 尾長メジナ 41cm
 使用したハリ 金龍鉤 勝負グレ3、4、5号。凄腕グレ4,5,6号



2013年12月25日早朝、愛娘の枕元にクリスマスプレゼントをそっと置き、
静岡県伊豆半島伊豆市の小下田の磯にGO! 自分へのクリスマスプレゼントだ。
小下田へは通称下田街道(国道136号)を天城峠方向に向かい、
出口の信号を右折して船原峠を越えて土肥に出て道なりに進むと、
とび島丸という渡船店がある。
通常、港に面した所に渡船店があるのだが、少し離れた所にあるのはなぜだろう…。
渡船名簿に記入して宇久須港へ。車で5分ほどで到着した。
 当日は、とび島丸の常連さんと一緒に磯に乗せていただいた。
渡礁した磯の名は、中の島、小下田では飛島に次ぐ一級磯だ。
常連さんが沖向きに、私は飛島向に入った。
最初に釣れたのはタカノハダイ、本命のメジナの活性が
悪いときに釣れてくる魚だった。
 しばらく常連さんの釣りを見ていると、竿を曲げるのはアイゴばかり。
私はタナを決めずに上層から下層までを探ったが、
釣れてくるのは同じくアイゴばかり。
そこでタナをキープするために、普段あまり使わない
誘導仕掛けにチェンジした。
愛用のZEALのサングラス越しでも確認をすることはできないが、
かなり浅場でメジナが釣れてきた。

 しばらくこの仕掛けで釣り続けたが、なかなかアタリを出してくれない。
我慢して釣っていると愛用のT-LEGEND(ウキ)が
じわじわと海中に沈みはじめた。

穂先に少しのテンションがかかるくらいに道糸を張っていると、
穂先にダイレクトにアタリが…挌闘の末にタモに収まったのは
その日の最大魚、採寸41cmの尾長メジナだった。



 その後もウキまかせではなく、ときより穂先へのテンションを
掛けることで数匹のメジナを追加。自分への最高のクリスマスプレゼントとなった。
【この日のタックル】
ロッド:トーナメントISO T 1.5号 53 
道糸: 1.75号
ハリス:クレハ シーガー グランドマックスFX 1.2号~1.75号
ウキ: ソルト・ブレイク・ジャパン T-LEDEND 
    (SS)~(S)000, 00,U/0,0、G5号
オモリ:TOOLS ラバーコート ガン玉
ハリ:金龍鉤 勝負グレ3、4、5号。凄腕グレ4,5,6号


2013年12月25日水曜日

茨城県ひたちなか市平磯 沢メキ 黒鯛ウキふかせ釣り







 投稿者名  伊藤武さん
 お住まい  茨城県ひたちなか市
 天候  晴れ 南西~北西風微風
   波  4m~3m 濁り潮
 日時  平成25年12月23日 月曜日(月・祝)
 釣り場  茨城県ひたちなか市平磯  沢メキ
 釣り方  ウキふかせ釣り
 魚種  黒鯛 46.3cm~41.2cm    2枚
 使用したハリ  勝負チヌ2~3号


毎週末はシケ模様で今年の竿納が出来ないでいました。


冬至をむかえ海水温も下がりだし、
浅場に海苔がつき始めると
海苔を食いにクロダイが
浅場に入ってきます。


















タナは1m程ですが、流れの集まる流心には、ちぎれた海苔が
集まって来ます。確り流れを掴み差し込みます。
すると引ったくるアタリで二枚が食ってきました。










シケと浅場の為左右に激しく引きました。
掛け合わせも確り決まり、勝負チヌも確実に
フッキングしていました。




チヌパワーV10白チヌは
濁り潮の中でも
確り流れが分かりました。















地元の納竿は良い釣果に恵まれました。
















使用配合

チヌパワーV10白チヌ  2袋  オキアミ3kg
付けエサ
くわせオキアミスーパーハードチヌ

2013年12月18日水曜日

伊豆 下田市外浦 磯のメジナ釣り







 投稿者名  谷口 良弘さん
 お住まい  静岡県富士市
 天候  
 日時  平成25年11月29日(金)
 釣り場  外浦地区赤根島 外赤根
 釣り方  フカセ釣り
 魚種  尾長メジナ 44cm
 使用したハリ  勝負グレ3、4号。伊勢尼1、2、3、4、5号

11月後半になると、静岡県伊豆半島の各磯で
良型メジナが釣れているとの情報が入ってくるようになった。
伊豆半島のなかでも、特に南伊豆が好調とのこと。
そこで、平成25年11月29日、
南伊豆への釣行しようと計画したのだが、
前日からの大西(強い西風)のため余儀なく
下田市の外浦に向かった。

ここ外浦地区は下田市の爪木崎の内側に面しているため、
これからの冬の季節風のさなかにも釣りを楽しめる唯一の地区です。
早速、乗船名簿に記入し船長から情報を聞くと、前日は
良型メジナが上がっているとのことで俄然やる気が…。
渡礁したのは外浦地区でもよく知られた赤根島の、
さらに東にある外赤根。
愛用のZEAL(ジール)の偏光グラスを掛け、
マキエを数杯撒いて海中を覗くとエサ取りがあまり見当たらない。


釣り開始。
少量のコマセに合わせるように仕掛けを流していく。
メジナの活性があまり高くないと判断し、ウキが馴染んだところで
少しの誘いをかけてみると、30㎝ほどのメジナが上がって来た。


 

 
何度かこのパターンで釣れ続いたが、潮が止まるとメジナからの
反応が止まってしまった。
潮が止まったのでタナが深くなったと想定し、
G2のウキにチェンジして仕掛けを流していった。
しかし、ウキに反応があるものの、ハリ掛かりしてくれない。
西の風が吹き続いているので水温が下がり、
メジナが食い渋っているのかと思い、ハリスはそのままにして、
ハリを「勝負グレ」の4号に替えた。
すると、竿先に強烈な魚信(アタリ)が…。
根の向こう側で魚を掛けたため、
魚は何度も根に突っ込もうとするが、そうはさせません。


無事にタモに納まったのは本命のメジナ。採寸してみると、
44㎝の尾長メジナだった。

この日の勝因はハリスを落とすことなく、
ハリだけを替えたこと。
強度が十分なハリスなので、
より強気に魚と向き合えたからだ。
厳寒期の伊豆半島の磯では水温が13度を
下回ることも珍しくはない。
そうなると、
ハリは「勝負グレ」の3、4、5号や
「伊勢尼」の1、2、3、4、5号が大活躍するだろう。

















【この日のタックル】
> ロッド:トーナメントISO T 1.5号 53 
> 道糸: 1.75号
> ハリス:クレハ シーガー グランドマックスFX 1.2号~1.75号
> ウキ: ソルト・ブレイク・ジャパン T-LEDEND 
>     (SS)~(S)000, 00,U/0,0、G5号
> オモリ:TOOLS ラバーコート ガン玉
> ハリ:金龍鉤 勝負グレ3、4号。伊勢尼1、2、3、4、5号

2013年12月17日火曜日

兵庫県姫路市 波止グレ







 投稿者名  薗田貴雅さん
 お住まい  兵庫県姫路市
 天候  晴れ 小潮
 日時  平成25年12月9日(月)
 釣り場  姫路市妻鹿5番
 釣り方  ウキフカセ釣り
   魚種  グレ(メジナ)  
 使用したハリ  凄腕グレ5号



 姫路市の妻鹿の波止でグレが好調と聞き
12月9日に釣行することにしました。

 ここは、大阪ガスの護岸にある波止で陸からは回れず、
姫路市の「日の出渡船」を利用することになります。
朝の一番船(5時50分出船)に乗船し、
約10分ほどで「5番」という波止に着きました。

 まだ辺りは暗く、
温かなコーヒーを飲みながら夜明けを待ちました。
朝日と共に準備を整え、沖合いのポイントに
マキエを多目に投入しました。
1投目から、ハリスがなじむと同時にラインが走りました。
合わせを入れるといきなり足元のテトラに向かって走り、
止めることが出来ずに痛恨のラインブレイクです。
これはグレと確信し益々テンションが上がっていきます。

















 再度、同じ場所にマキエを打ち、仕掛けを投入し、
さらにマキエを打ち潮に乗せアタリを待ちました。
ウキに変化が生じ、合わせを入れると心地良い引きになり、
足元目掛けて走って来ました。 強引にリールを巻き浮かせました。

慎重にタモに入れると30cmほどのグレでした。
10時が過ぎ、潮流が早くなりマキエを帯状に打ち、
仕掛けを流して32cm、33cmのグレを順調に追加していきました。
今日は、昼から低気圧が接近するので、
11時30分に釣り場を清掃し、12時に納竿となりました。















終わってみると、30cm前後のグレを17尾と2尾のチヌを
釣ることが出来ました。


2013年12月7日土曜日

南伊豆・大瀬 「中之島」磯・ウキふかせ釣り






 投稿者名  鈴木勝也さん
 お住まい  埼玉県上尾市
 天候  晴れ 西風がやや強い。
 日時  平成25年11月30日(土)
 釣り場  静岡県 南伊豆・大瀬 「中之島」
 釣り方  磯釣り(ウキふかせ釣り)
   魚種  メジナ 39.5cmを頭に5尾  
 使用したハリ  勝負グレ 5号・7号


サンラインやマルキューのテスターを務める神保秀明氏にお誘いをいただき、
神保氏が会長を務める『横浜真グレ会』のファイナル大会に
ゲスト参加させていただきました。

開催場所は、南伊豆・大瀬周辺の沖磯。
早朝、大会に参加する「横浜真グレ会」のメンバーさんに挨拶を済ませ、
磯に降りる順番を決めるくじ引きをすると・・・結果は一番クジ。

今日は、何かあるかな?という期待を胸に船へ乗りこみました。
一番始めに船が向かった磯は「中之島」。



ここ、大瀬の磯は
複雑に絡み合う根が特徴で、
この根に着く大型の
口太メジナ攻略が
キーポイントになると
私は思っています。








そのため、私は沖に向く釣り座よりも大型を狙うべく根が複雑に入り組む
内側の水道向きのポイントを選び釣りをスタートしました。


大型のメジナを釣る事を
想定しているため、
ハリは「勝負グレの7号」をセット。


















コマセを撒き釣りを始めるがエサ取りも少なく、
水道になる場所ということもあり
潮の流れもかなり速くなっており釣りにくい状況でした。
しかし、潮が緩んだ瞬間に大型が釣れる事を予想してあきらめずに
コマセを打ちながら仕掛けを流していると・・・
予想通り、潮が緩んだ瞬間に良型の口太メジナがヒット。






その後、更なる大型を狙い釣り続けるが、
たまに付けエサのオキアミが取られる程度。

そこで、ハリのサイズを「勝負グレの5号」と小さくし丹念に狙っていくと、
時間を空けながらではあるが
ポツポツと
28cm~35cmの
口太メジナが
釣れ上がりました。

結果、5匹のメジナを
釣り上げ
釣りは終了。









港へ戻り、検量対象になる25cm以上のキープサイズ3枚を大きい順に選び検量へ。



 

検量の結果、一番大きいサイズは一番始めに釣り上げた39.5cm。
結果、3位入賞となりました。



今回は、口太メジナ狙いという事もありハリのサイズを落しましたが、
尾長メジナが混ざって釣れ上がる場所などでは
「グレ(メジナ)」のような多少太軸のハリにしてサイズを
小さくする事をお勧めします。

【仕掛】ロッド・シマノ極翔磯1,2ー53
リール・シマノBBX2500DXG
道糸・磯スペシャル ダイナード2号
ハリス・松田SPブラックストリーム1,75号
ウキ・ウキ工房 フィールドプラスSサイズ ピンク B
ハリ・金龍 勝負グレ 5号・7号
配合エサ・マルキュー 遠投ふかせSP+グレパワーV9

2013年10月21日月曜日

茨城県 那珂川河口 「海門橋下リバーサイドチヌ」




 投稿者名 伊藤武さん
 お住まい 茨城県ひたちなか市
 天候            -
 日時 平成25年9月29日/10月6日
 釣り場 茨城県 ひたちなか市 那珂川河口  海門橋下
 釣り方 ウキふかせ釣り
 魚種 黒鯛  
 使用したハリ 勝負チヌや勝負チヌSS、勝負グレ、グレ(メジナ)


9月も後半にさしかかると那珂川や涸沼川に登ったクロダイやカイズの
落ちの最盛期に入ります。

那珂川河口部はクロダイやカイズの実績が高く、
落ちのシーズンはチヌの本命ポイントなのです。

今年は台風の上陸もなく、平年より遅れると思われた
9月半ばから相次いで台風が接近!!
上陸し大水も出た事で9月下旬には、一気に
落ちクロダイやカイズが那珂川の河口に落ちてきました。

すかさず情報を知り合いの川漁師から入手し、
二週にわたり那珂川河口部にある海門橋付近を
落ちクロダイ、カイズ狙いで攻めてみた模様をレポートします。


9月29日の日曜日は生憎のシケ模様。
水温も高めで、どの釣り場もエサ取りが多い為か
クロダイ狙いの釣り人も少ない感じだ。

そこで先日、この間の台風で那珂川の三ツ又に
大分とクロダイやカイズが落ちて来ている情報を思いだし
那珂川河口の海門橋下で竿を出した。
濁りも申し分なく、流れも緩く絶好の川チヌ日和だ。
始めたのは午後12時30分。
撒き餌さのチヌパワー遠投G 1袋
チヌパワーDASH1/2袋
オキアミ3kg
に川の流れに負けないように粘りが出るまでよく混ぜ合わせ、
付けエサのくわせオキアミスーパーハードL をハリに付け
愛用のウキステルスのG 3をウキ下2ヒロの固定仕掛けと
勝負チヌ1号ストレートで第1投。

いきなり基礎ブロックの際でステルスが引き込まれて
元気な30cm のカイズが顔を出した。
勝負チヌもしっかりフッキングしており、
刺さりの良さは抜群である。


すかさず撒き餌さを打ち、同じ流れに仕掛けを投入しすると
またしても同サイズがヒットする。

1投目から入れ食いになり
一時間で12枚のクロダイ、カイズをゲットした。
その後も釣れ続き38cm を3枚に35cm 前後が18枚、
足裏サイズは入れ食いになり、何処に投げても底から表層、
仕掛が馴染む間も無く竿を引ったくられるなど、
まさに落ちクロダイ祭り!!  に遭遇し





金龍鉤の勝負チヌや勝負チヌSS、勝負グレ、
グレ(メジナ)など全てのフックが期待に応えてくれました。

午後5時30分の納竿までには、50枚近い釣果に恵まれ
近所の人には、「お宅釣りすぎだよ!!」
と言われてしまったくらいだ。
食する分だけキープし、全てリリースし釣り場を後にした。




10月6日。ウキ工房福島支部長の渡部くん、
金龍鉤スペシャルスタッフの中村さん、
茨城支部の砂押さんと、私は案内役を兼ねて
4名で那珂川河口部のリバーサイドチヌに挑戦する事になった。

先週末の落ちクロダイカイズの釣果が
にわかに信じがたい3名もこの後唸る事になるとは
この時点では知るよしもない・・・・・・・。

待ち合わせは海門橋下の現地集合とし、朝8時過ぎに
次々に集まり各自釣り座を確保し準備に取りかかることにした。

先週より干満があり、河口部は流れが急で参加のメンバーは流れに
負けない纏まり濁りの効果のあるBチヌ遠投をベースに
チヌパワー日本海、
V10白チヌをブレンドし対処するようだ。
流れが速いためウキも3B前後を選び流れに負けないように対応
ウキが先行しない様、緩やかな流れを見つけて
流す様にアドバイスした。

川の流れに苦戦するも海門橋真下に釣り座をかまえた渡部くんが
3投目で下流のテトラ際で、愛用のチヌキラーがアタリをとらえヒットする。



流れに乗りテトラ際で
抵抗するクロダイは
パワフル竿を
満月に絞ります。

「引きが強い!!」
と渡部くん。














行きなりタモを使うサイズに大満足。聞けば1ヶ月半振りのクロダイとか。







そして続けざまに
30cm クラスを連発し
「リバーサイドチヌは、
エサ取りも少なく
引きが強いので
ハマりますね!!」

と満足度MAX


































その隣で竿を出している中村さんもヒットパターンを掴み
30cm クラスを勝負チヌSSを使用し連続ヒットする。







そしてかすかに
見える川底の
カケアガリの先を
狙い遠投して
サイズアップを
はかります。











砂押さんもカイズながら数釣りを楽しんでいるようで竿が曲がります。
そして干潮から上げに転じた頃、若干流が緩くなり
遠投し這わせ気味にカケアガリを攻めていた中村さんが
アタリをとらえやり取り開始。

良型なのか?
「少し型が良いよ!」
と中村さんもクロダイとのやり取りを楽しんでいるようでありました。

橋脚にクロダイが行かないように操作し
流れを切って一気に寄せにかかり浮いたのは、この時期にしては良型
「ハリはガッチリ掛かってるよ!良型!良型!」
と声がかかり、タモも決まり上げて計測すると40cm。
中村さんは私用の為このクロダイを含め8枚ほど釣り上げ
砂押さんと釣り座を替わり帰ることになった。

すると砂押さんも絶好調で35cmクラスを連発し
メンバー全員で時間もたつのを忘れて
落ちクロダイカイズ釣りを楽しんだ。






















私も案内役と指南役をかって出たものの、
午後からは本格参戦し33cm頭に数釣りができた。


午後3時30分をまわり
渡部くん、砂押さんとも存分に引きを堪能し
満足したと納竿とした。・・・・でも
「やればまだまだ釣れるのにな」・・・・と心では思ったに違いない。
渡部くんは20枚までは数えたが
それ以降は分からないとかで・・・?
砂押さんも16枚の釣果で、全体でまたしても
片手近い釣果となり、みんな帰路に着いた。

この時期の那珂川河口部~那珂湊~大洗周辺は
落ちクロダイカイズの最盛期です。





リバーサイドチヌ・・・・・貴方も挑戦してみてはいかがだろうか。


和歌山県 那智勝浦のグレ釣り



 投稿者名 多田 浩生さん
 お住まい 大阪府 寝屋川市
 天候 晴れ 小潮  波1.0m 
 日時 平成25年10月13日 (日曜日)
 釣り場 和歌山県那智勝浦 伝五郎・ラクダ磯
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 グレ(メジナ)
 使用したハリ 勝負グレ4~5号 伊勢尼 5号




いよいよ秋磯シーズン突入。
10月13日(日)和歌山県那智勝浦の磯に釣行してきました。
ここの磯は、トーナメント会場として使われ
また、磯数も多く非常に人気のあるフィールドです。
当日午前5時30分頃、出船。
湾内磯の伝五郎に渡礁、1投目からコッパグレが釣れてきます。
色々と試してみますが納得のいくサイズは釣れません。
見回り船で、ラクダ磯に磯変わりしました。
活性の高いコッパグレが無数にいる中、超遠投して
毎回ポイントをローテーションして狙います。
ウキ下1ヒロ~2ヒロ。
サシエサも、生オキアミ・ボイル・エビのむき身とローテーションしました。



使用鈎は、
「勝負グレ4~5号」
「伊勢尼5号」を使用。



 


納竿までに何とかキーパーサイズのグレを数尾釣ることが出来ました。
また11月は、日本グレトーナメントの全国大会の開催場所で
出場権を獲得している為、
近い内にまた練習を兼ねて釣行したいと思います。



2013年6月22日土曜日

静岡県 南伊豆・石廊崎 大根のメジナ釣り






 投稿者名 谷口 良弘さん
 お住まい 静岡県 富士市
 天候     -
 日時 平成25年6月2日(日)
 釣り場 静岡県南伊豆 石廊崎 大根(大根小島向い)
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 メジナ(グレ)45cm
 使用したハリ 勝負グレ4号~6号 グレ(メジナ)7号 8号




2013ドリームオープンカップ磯関東大会に参加して来ました。

今年度から磯場は各、自由で、沖磯、地磯問わずの大会で事前に
伊豆下田港にて受付をし、行き先を告げてのキャノンボール方式
での大会に変わっていました。

私たちは石廊崎に向かう旨を告げたところ、石廊崎を選択した人は
初めての事を告げられました。

今回の大会は30cm以上、1尾で競われているため、御子元島、
横根、沖横根が人気があるとの事でした!

石廊崎は宮島丸からの出船で、4時30分に港を出港し、本日の
フィールド大根に向かいました。
ここ大根は文字どおり大きな島で、石廊崎磯群の最南端に位置し
水深も深い所では30m以上あると思われます。

その西には大根小島あり、その水道を攻める事にしました。
このポイントは当クラブの会長から過去に50cmクラスを
タモ入れ寸前で逃している事を聞いていたので、
石廊崎では一番興味がありました。


釣りを開始すると下のほうにチラチラとアイゴ、イズスミ、
サンノジなどが確認できました。
コマセに合わせてしまうと下の方でアイゴなどが釣れ始めたので、
コマセの9割を沖に撒き徹底して磯際狙いに徹しました。

通常私は、勝負グレの4号~6号のサイズを多様しております。
なので、はじめは勝負グレを使用していましたが、磯際を狙う
のに適した太軸のグレ(メジナ)の7号をチョイスしました。


ウキから下を立てるようイメージしガン玉も段打ちし、仕掛けを
磯際に這わせる様、釣りをしていると物凄く大きな魚信が!
磯際での突っ込みに耐えた所で魚が沖に向き、
道糸を送ったのが原因で、沖に有ると思われる根に入られました。
穂先に少しテンションをかけ、待っていると魚が根から出てくれた
のですが、ラインブレイク!


道糸を1.75号 ハリスを2号にチェンジし
同じポイントを攻めているとウキにかすかな変化が・・・

合わせを入れると下への突進し竿を左右に振り
耐えていると40cmオーバーの本命魚グレが!






橋本屋に行き検量してもらうと45cmあり
満足のいく釣行となりました。



本来はこれで終わるのですけど、今回の大会は下田港が本部と
なっているので車で向かいます。
下田港に到着すると検量している方が多数並んでいましたが、
大会を運営するスタッフの方達の手際がよく、
待つこと無く検量が出来ました。



メーカーの
インプレッションに続き、
じゃんけん大会に進み
会場は
かなり盛り上がりました。










今大会は参加者106名中、検量者44名と、
かなり厳しい状況での大会でした。









私の成績は
45cmで
準優勝となり














各メーカーからの協賛で豪華景品を
たくさんいただくことができました。

この場をお借りしまして協賛メーカー、運営スタッフ、
参加者の方々に御礼を申し上げます。
大変お疲れ様でした。




本日のタックル
ロッド:トーナメントISO T 1.5号 53 
道糸: クレハ シーガー リアルサスペンド磯 1.75号(ブルー)
ハリス:クレハ シーガー グランドマックスFX 1.5号~2号
ウキ: ソルト・ブレイク・ジャパン T-LEDEND 
    (S)~(LL) 000~B
おもり:TOOLS ラバーコート ガン玉
針:  金龍鉤 勝負グレ4号~7号 グレ(メジナ)7号8号