2017年8月10日木曜日

秋田県由利本荘市 松ヶ崎漁港の黒鯛釣り




 投稿者名 伊藤 公之さん
 お住まい 秋田県
 天候 晴れ
 日時 平成29年08月某日
 釣り場 秋田県由利本荘市  松ヶ崎漁港
 釣り方 紀州釣り
 魚種 クロダイ 38cm 47cm
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 2号

とある休日、早朝から伊藤家のお墓の掃除を済ませ、
今年初の紀州釣りをしに海へ向かった。
                                 
自宅から車で10分程のところに2箇所の漁港があるが、
1箇所はやや強めだった東風が正面となるため、
もう1箇所の松ヶ崎漁港へと出向いたのである。
                                                
ここは紀州釣りを行った事の無い場所であり、
試し釣りには持って来いの場所でもある。
そそくさと準備をして水深を測ると約5mと釣りをしやすい場所であったが、
エサ取りが気になる時期でもあったため、練りエサも視野に入れ
勝負ちぬネリエ&コーンの2号を選択し、釣りを開始した。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1130


堤防周りには無数の鯵が見えるが、だんごを投入しているポイントには
上層にサバが見える程度で、鯵が寄りつかない状況だった。
                       
だんごを投入して仕掛けを引っ張ると上層ではサバが食いつくものの、
底付近では餌が残る状況が続く・・・
                   
と釣り開始から30分程したところで ウキにかすかな反応が出たため
すかさず合わせを入れると、重い感触が伝わってくる。
暫し やり取りすると47cmのチヌが顔出す。


内心大喜びだった自分が居たが、今日は33℃を超す猛暑、
もう一枚と思い釣りを再開すると、
間もなく38cmのチヌが釣れた!



2枚目が釣れてからは鯵、サバの猛攻を受け、暑さに耐え切れず納竿となった。
                               
釣った事の無い場所でも試してみる価値のあった釣行でした。
また、ウキにハッキリとした反応が出なかった状況であったが、
軽い合わせにしっかり反応して鈎掛かりしてくれた勝負ちぬに感謝です!

2017年8月9日水曜日

茨城県那珂湊 那珂川河口でのクロダイ釣り




 投稿者名 黒澤一天さん
 お住まい 茨城県
 天候 曇り・晴れ 水温22℃  潮大潮  波3m
 日時 平成29年08月06日(日)  09:00~16:00
 釣り場 茨城県 那珂川河口
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ 25~35cm5枚
 使用したハリ 勝負ちぬストレート 2号

真夏に突入して、暑い日が続いています。
                     
台風5号の影響がとても心配でしたが、思っていたよりスピードが遅く
釣行当日は波が高いだけで 特に悪天候に見舞われずに釣りをする事ができました。


                  
今回の釣行場所は那珂川の河口になり、那珂湊よりの護岸から竿を出しました。
ここの釣り場は河口になるので波はほとんど入ってきませんが、休日になると
レジャーボートやマリンジェットの通行が多くなり、それによってできた波が
押し寄せる事もあるので不意の大きな波には注意をして釣りをしなければなりません。
                      
今回は私の師匠であり、金龍鉤スペシャルスタッフの伊藤さんに同行させてもらい、
二人で釣り場の選定をしてから釣座に入りました。
海の状況的には エサ取りはいるにはいますが、そこまでうるさくなく、
コマセの打ち分けと仕掛の投入ポイントをずらしてあげれば十分釣りになります。
                         
河口の流れにあわせて、掛け合わせで食わせたいと思っていたので
「金龍鉤 勝負ちぬ ストレート 2号」を選択。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=78



根掛かり覚悟で護岸のキワを中心に狙って行くと私にファーストヒット!
誘いをかけて落ち込んだ時にヒットしてきました!
36cmの元気なリバーサイドチヌです♪
見事カンヌキにフッキング成功!



その後、場所を少し動き伊藤さんが立て続けに2枚ヒットさせ、
キレイな竿さばきで無事ランディング成功!

   





















お昼を過ぎ暑さもピークをむかえ、
何もしてないのに汗がとまらなくなるぐらいになってきたので、
ほどほどに納竿に致しました。



二人の合計で5枚の釣果でした。
                    

9月にかけ本番をむかえるリバーサイドチヌ
走りになる今回の釣行で良い手応えを掴めたので本番の9月が楽しみです!!!





                    
捕捉になりますが、釣行を終えて釣果が出た護岸のキワ狙いは
非常に根掛かりが多発するポイントなので 少しでも根掛かりを回避する為に
針先がネムリの入っている「金龍鉤 勝負ちぬ渚」の方が手返しよく
リバーサイドチヌを狙って釣果が出しやすいと感じました。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1136



私のブログでもこの日の釣行をアップしていますのでよろしくお願いします。
黒澤一天の…『クロダイ修業!?一天勝負!!』
http://blog.goo.ne.jp/03220429

千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランドの黒鯛釣り






 投稿者名 我妻 総一さん
 お住まい 茨城県
 天候 晴れ 大潮 2m
 日時 平成29年08月05日(日) 
 釣り場 千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランド
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ 44cm~52cm
 使用したハリ 勝負ちぬ 2号


台風5号からのウネリが届き、海は濁りが入り黒鯛釣りには好条件となっていました。
足元には離岸流が流れ潮目がかなり先まで延びていました。
                      
前日はエサ取りのフグが多かったらしいので、コマセを入れずに暫く流してみると、
全くかじられる事なく帰って来ます。
それからかなり潮上にコマセを入れ出し仕掛けと合うイメージで釣りだしました。
                      
波が強く中々仕掛けが安定しませんでしたが、
エサはそのままなので、口鉛を重くして潮目を流していると 一瞬ラインが出た感じ
だったので竿を起こすと 一気に走り出したので溜めた瞬間 
歯に掛かっていたのか外れてしまいました。
                     
上げ潮が入り出すと波で流れを押さえてくれているのか
足元にヨレが出来始めたので、口鉛を軽くして根周りに入れ込むと
コンと当たったので合わせると、グングン激しく抵抗して離岸流から浮いて来たのは
45cm弱 しかも皮一枚でした。
                      
それからしばらく当たりが遠退きましたが、波がおとなしくなり
掛けた時に際ぎりぎりに仕掛けを入れ張り込んでいると
又、小さな当たりを感じたので、即合わせると重量感たっぷりで全然浮いて来なく
何度も突っ込み続けて、やっとネットイン52cmの立派な魚体でした。



食いが渋いのか又皮一枚、それでも外れる事なく勝負ちぬは食らいついていました。
そのお陰で安心したやり取りが出来ました。

2017年8月7日月曜日

第18回バリバリ伝説 結果報告






7月30日(日) 北九州市若松区・脇ノ浦漁港にて
第18回バリバリ伝説が無事に開催できましたことを報告いたします。
今回は、釣り雑誌社の手違いで事前の大会告知と参加者募集が紙面へ
掲載されなかった為、ホームページやブログ等でしか一般募集ができず
参加者数に不安がありましたが、常連参加者様から他への直接声かけ等の
ご協力もあり、なんとか総勢53名で開催することができました。
                                              
                        
釣果の方は数、型ともに素晴らしく、近年稀に見る大漁であった昨年度をも
超えたのではないかと思われる内容に、参加者の釣技の向上も感じました。
また、競技中にはベテランからバリの釣り方
(ツケエサにマキエ、釣り方、食べ方に至るまで)
のちょっとした講習があったり、なぜかスタートから他魚の部狙いで
取り組んでみたりと色々な方がいらっしゃったようですが、これは
「バリバリ伝説はただ勝ち負けを決める為だけの大会ではない」
という私の考えを反映するような場面でありますので
主催者として優しく見守りました・・・・
                            


競技終了後は釣り場、使用した漁港共に恒例の清掃を参加者全員で行い
周辺で釣りをしている方々にも、当たり前にすることの大切さを
分かっていただく為、少々わざとらしくでも「清掃姿を見せる」
ということを重視しました。
                 
今回も貴社をはじめ、多くの協賛のお陰をもちまして、メジャーな大会に
勝るとも劣らない盛大な表彰式と抽選会を行う事ができ
終始笑顔のバリバリ伝説となりました。



             結果報告
■バリの部
 優勝 福山和幸 42.0センチ 1820グラム
 2位  西川賢治 41.4センチ 1200グラム
 3位  甲斐孝光 41.4センチ 1000グラム
 4位  増井弘幸 41.4センチ  900グラム
 5位  落合志穂 40.2センチ 1100グラム
 6位  泉 清明 40.0センチ  840グラム
 7位  山崎聖二 39.5センチ 750グラム
 8位  柳 賢治 39.4センチ 1100グラム
 9位  高橋秀徳 39.3センチ 900グラム
10位  近藤正広 39.0センチ 1200グラム
■他魚の部
 チヌ 堀端政行 44.7センチ 1350グラム  
大会内容につきましては、
北九州の釣り雑誌「釣ファン」9月20日発売号
私の連載にて、企業・個人の協賛を含めて掲載いたします。

第18回バリバリ伝説(2017)
主催者 山崎聖二

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1220


○ここであまり公開しすぎるとマズいので、このぐらいにしておきますが、
そこの7位の人が使ったハリは「勝負グレ早掛け」8号です。
 
あのハリは
そこそこの太ハリスも使えるミミと強度を持ってますから、
バリにも相性バッチリです。











2017年7月25日火曜日

千葉県 勝山/大ボケの磯のメジナフカセ釣り





 投稿者名 赤嶺鉄平さん
 お住まい 千葉県
 天候 晴れ/小潮    
 日時 平成29年07月16日(日)
 釣り場 千葉県 勝山/大ボケの磯
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 メジナ
 使用したハリ 勝負グレ早掛け 6~7号


7月の3連休中日、
我がホームグラウンドの勝山の沖磯へ行ってきました。
                          
乗った磯は「大ボケ」。



足元から満潮時で9m以上ある内房きっての深場の磯です。
実は6月にもこの大ボケで釣りをしてきたのですが、小サバの猛攻に遭い、
30センチのグレを5~6匹捕るのがやっとでした。
ですので、今回はリベンジ釣行となります。
                                 
この日は小潮なので あまり潮が動かなったのですが、
先月大量発生していた小サバは1匹も見当たりません。
代わりに、元気な木っ端グレが水面をバシャバシャ
音を立てながらコマセに群がる始末。
(これはこれで厄介・・・)
                
さて、針ですが
最近お気に入りの

勝負グレ早掛け

7号をチョイス。 
活性が高いので
7号でも食ってくると
思っての選択でした。















まず最初はコマセ着水と同時に群がる木っ端グレの中から、
良型を拾っていくことにしました。
             
が、掛かるは木っ端グレばかり。サイズアップしても25センチまで。
手返しを早くすればするほど暑さが体力を奪っていきます。
              
少し棚を深くしても、オキアミでは木っ端軍団に全く歯が立ちません 。
結局釣り開始から3時間粘っても、キーパーの30センチのグレは0匹。
                        
そこで後半はガラリと仕掛けを変えることに。
                
棚は竿1本~1本半。
エサはオキアミから某メーカーの赤と黄のネリエを混在させたもの。
エサ取り対策として、少し大きめに針に刺すことに。。
まるで、チヌ釣りのようです。
           
ところが、その仕掛けに変えた途端、30センチの口太グレが釣れました!
2投目はなんと30センチの尾長グレが。
               
黙視できなかったですが、
良型のグレは中層~底付近にいるようです。
           
また、ネリエサにすると、木っ端具グレに食われる
回数が極端に少なくなることも発見。
             
一気に やる気モードに突入!

上手く木っ端グレやスズメダイをかわし、中層までエサを送ると、
高確率で30センチ以上のグレが食いだします!


             
コマセワークのパターンをつかんだら、ほぼ一投一撃で食ってきます。
                 
結局、30~35センチのグレは20匹以上の釣果!
最大魚は尾長グレの36センチ。



夏、しかも内房でこれだけの釣果が上がれば上出来です。

今回も勝負グレ早掛けの刺さりは抜群の安定感がりました。
良い釣果をもたらせてくれたのは、針のおかげです。

2017年7月21日金曜日

山口県 周防大島護岸チヌの釣り





 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 晴れ・強風
 日時 平成29年7月13日(木)
 釣り場 山口県 周防大島の護岸
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 黒鯛
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン



今回の釣行はプチ遠征で山口県の周防大島です。
前日は曇りでその前は雨だったりしたけど、
この日は何だかカンカン照りになりそうな予報。
最近、初めての釣り場へ行くことが多いけど、
今回の釣り場も初めてのところで、護岸での釣りです。




確か、干潮が6時くらいなので、結構引いている状態からのスタートです。
今回は、遅めのスタートで、開始は8時30分くらいでした。
ちょうど下の敷石が水没を始めた頃合いです。
                                  
釣り場は、手前は藻場ゾーンで長い藻が潮の流れに流されていて、
この藻で、潮の流れがわかりやすい感じですね。
藻場が邪魔だけど、チヌも住んでいそうな気がします。
                                                              
とりあえず、第1藻群とちょっと先の沖にある第2藻群の間が
なにやらいい感じっぽいので、そこに投げてみました。
                                                                   
藻がかなり右側に倒れていたので、予想はしていたけど、投げてみて納得。
潮が激速です!!
                                                   
仕掛けを投げて、コマセを撒いても  仕掛けがザーっと川の流れの中
流れているみたいで、後から打つコマセを撒くのが追いつきません。
                                     
流しては投げていたけど、これじゃダメじゃ~
と思い、仕掛けを投げるちょっと先にたっぷりコマセを撒きまくり、
流れた仕掛けがそこに ザーっと流されて合流みたいなことを
想像して繰り返しやっていたら...
                         
開始20分後に、ピュっとラインがちょっと走り、
お待ちかねの魚とのやり取り開始!!





ところが第1藻群に入られて、しょっぱなからの藻抜き。
              
幸い、ちょっとラインを緩めて待っていたら、
せっかちさんのチヌはモソモソと 藻の中から出てきてくれたから良かったけど、
なにせ藻場が広いから、藻場を抜けるまでは大変でした。
                    
ようやくタモ入れした時は、まだ1枚目なのに、ばらしてはいけない緊張と、
体力使って息が上がってしまいました(笑)
  




釣れたチヌは、そこそこマッチョで力強いチヌ様でした。
         



針のかかり具合もガシっとしてますよ!!
        



今回使用した針は、こちらです。



それから、また速い潮に悩みながらも同じ釣り方でコマセを撒き、
30分後に2枚目ゲットです。



もう、潮の速さが大田川並(広島市内を流れる川)で、
それからは、あたりもなくほんとゲンナリだったけど、
2時間後、やってきました、お待ちかねの潮の緩みタイム発生!!
          
チャンス到来~
と、張り切って3段打ちをしていたガン玉3つを全てとっぱらい、
ジワジワと仕掛けを落としていったら、
なんと仕掛けを替えてからすぐにチヌをゲット。



また、潮が変わる前に、今のうち~とすぐにまた仕掛けを投入。
そしたら、続けざまに、またチヌがかかりましたっ!!
                      
よし、今のうちにジャンジャン釣るよ~と張り切ったのもつかの間...
それからまた、潮が激流になりました。

もう、この日はとにかく暑くて、投げるのもバテバテ。
周りに打ち水をしても、すぐに乾いてしまいます。
コマセも早い勢いで乾くので、水を足し足しコマセを混ぜくりながら、
粘りをまた発生させたりと、何かと忙しい夏の釣りって感じですね。
                        
日が高くなり、暑くなってきて、激流で釣れることはなくなり、
潮が緩むのを待ち焦がれて投げ続けました。
潮は更に引いてきて、水没していた敷石が出てきて、砂浜も発生。
                                 
思い切って、護岸から下の敷石まで移動しようかな...
と思い、護岸の下に出ている敷石へ、近くの階段を使って移動しました。
                      
藻が間近にあり、全部むしってしまいたくなる衝動をこらえながら、
投げていると...
              
あ!! 潮が緩みました!!!

潮が緩むと、ものすごく動きがかなり緩やかになるというこの釣り場は、
緩んだ時点でガン玉を全て取り除いてちょうどいい感じ。
                             
潮が緩んで2投目で、気持ちよくラインが走り、
きたーーーー、
パワフルチヌーーー
と心大踊り状態でやり取りをしていたら...
なんと、タモを護岸に忘れてきました。
                   
チヌを何度か浮かせ、そのまま竿を立てたまま、そろそろと階段に行き、
護岸に戻りながらも少しずつラインを出し出し、
チヌとの距離を保ちながら、なんとかタモを確保。
   
護岸からタモが届きそうにないので、そのまま 
また、今度はラインを巻きながらテンションを保ちながら敷石まで戻り、
四苦八苦の末、なんとかチヌのタモ入れ成功!!



この時がすでにすでに15時くらいで、ちょうど釣り友さんも磯から戻ってきていたので、
ここで納竿となりました。
                           
潮がまだ緩みっぱなしだったので、ちょっと気になりましたが、
釣り友さんのコマセが尽きていたので、仕方ないですね。
しかも、日陰がなくなり暑いのなんのって。
               
大島の護岸、釣れたチヌは、塩焼きサイズが多かったけど...
それでも、あれこれと悩みながら釣った4枚のチヌは
本当に釣れてくれて感謝感謝です。
                      
激流の護岸釣り、とても勉強になりました。

2017年7月18日火曜日

千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランドの黒鯛釣り



 投稿者名 我妻 総一さん
 お住まい 茨城県
 天候 晴れ 小潮
 日時 平成29年07月16日(日) 
 釣り場 千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランド
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ 38~40m
 使用したハリ 勝負ちぬ2号



九十九里浜の吉崎ヘッドランドに釣行して来ました。
                      


ここは、T型のヘッドランドで、
全体的に浅く干潮だと1ヒロにもみたない位の所です。
                    
左側の角が本命ポイントですが、既に人が入っていたため
右側の角付近に釣座を取りました。
当日は小潮で14:29が干潮の為
午後から上げ潮と夕マズメを狙って竿を出しました。
                                         
足元にはクロダイの主食であるカラス貝がびっしり付いており、
蟹もかなり多く生息していました。
ヘッドランド特有の離岸流が足元をかなりの速さで流れており、
コマセの溜まる所と根の位置を確認しながら手探りでスタートしました。
                       
上げ潮が入り出すと波の当たりがきつくなって来たのか、
離岸流とぶつかる所に潮目が入り壁が出来、波のタイミングを測りながら
仕掛けを入れるとそこで、ウキが安定した姿勢でゆっくり吸われ出したので、
誘いを掛けながら張り込んでいると、竿先を叩く様な感じが伝わり、
ゆっくり竿を立てると重量感が伝わって来ました。
                               


水深が浅い為、激しく抵抗しましたが無事にランディング
勝負ちぬ2号はがっかり地獄に刺さっていました。



                             
強く合わせる事が無くても しっかりした刺さりの良さを
確認する事が出来る1尾でした。
                 
その後も、もう1尾追加して納竿としました。