2017年9月21日木曜日

広島県廿日市市 木材港のチヌの釣り




 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 晴れ
 日時 平成29年09月10日(日)
 釣り場 広島県 木材港護岸  
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 黒鯛
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン



 近場の廿日市市の木材港に
釣友稲さん(稲田裕俊さん)と一緒に行って来ました。
    
周りは道路も広々とした商業施設が点在しているところですが、
釣り場へ行くには...こんな感じの超オフロードを走って行くようになります。



ほんの少し、ゴトゴト道を耐えたら、釣り場に到着ですよ。
干潮が6時くらいなので、到着した時は、まだ敷石が出ていて、
水汲みバケツで水を汲みあげるのも、難しいくらいなので、
まぁ、ゆっくり準備しようやぁと、お喋りしながらのんびり準備をしました。




前に1度、この釣り場は稲さんが試し釣りをしていて、水深もあまりなさそうだし、
そんなに遠投も必要なさそうなので、今回は濁りと具重視のコマセでトライです。
             
どれどれと、開始前にちょっとコマセを撒いてみたら、
まだ、水深1mくらいの激浅タイムだけど、早々に始めたくなって、
ハリスを短めにし、7時40分頃から釣り開始しました。
   
まず、使用した針は金龍針 ネリエ&コーン2号です。
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1130


狙うところは、橋脚近くの橋の下あたり。
橋の上からダラーっとかかっているネットがあるので、
仕掛けは横投げで橋の下に投げないと、ポイントにいかないので、
ちょっと難しいポイントのような気がします。
コマセも河原でやっていた石投げみたく、横投げで橋の下に投入です。
             
私の隣では稲さんが見ていて、2人でラインをジーーっとチェック。
見ていたら、前あたりはあるけど...何が気に食わないのか、
すぐに餌を離されてしまいます。
             
朝まずめから、食い渋られてちょっとゲンナリ…。
でも、あたりがあるのは、いつもよりはましと、稲さんも急いで
自分の仕掛けの準備をし、以前によく釣れたという稲さんポイントに投げてました。
                
練り餌の単色はあたりなし。オキアミもそのまま残ってくるし、
オキアミの頭をつけても全く反応なし。
練り餌ミックスはラインがちょっと動いたので、練り餌ミックスで勝負です。
食い渋っているので、ネリエ&コーンの1号に変更しました。



とりあえず、練り餌ミックスとオキアミを3:1くらいの割合でローテーションで
付け替えて投げていたら、
1ローテ後のオキアミでラインがスーっと伸び、離すなよーー
    
と見ていたら、ラインの伸びが速くなったので、速攻あわせました!!
でも...横に一目散に走って、チヌっぽくないなとは思ったけど、
釣れたのはマルタウグイでした。




稲さんが、この魚は猫も食わんって言われとるよって教えてくれたので、
そこそこのサイズだから持ち帰りたかったけど、
名残り惜しいながらもリリース。
さよなら、マルタウグイ。
            
チヌじゃなかったけど、それなりの大きさの魚が釣れたので、
テンションはピョーンと一気に上昇です。
           
とりあえず、あたりがあった練り餌の黄色と赤色をミックスしたものを投げて、
ノーガンでゆっくり落とし、着底したら、潮がほとんど動いていなかったので、
時々誘いをかけたりして、また投げなおしを繰り返し、
マルタウグイが釣れてから30分くらいした時...
                   
相変わらず仕掛けをちょっと触っては食わずと、食い渋りまくっていて、
3度目の誘いで食ってきました!
            
でも、この魚、重さはあるけど、全く元気がなく、巻けばズルズルと抵抗なく
引っ張られてきたので、もしかしたら海底のゴミが釣れたのかとも思ったけど...
ヌボーっと浮いてきた魚を見たら、チヌでした!!一応、生きています。
もしかしたら、唯一の釣果になるかもしれないので、慎重に慎重にタモ入れ。



釣れたチヌは、長らくこの木材港に居着いていた真っ黒チヌ様でした。



1号針はこんな感じで、口の端にバッチリかかっていました。



1枚釣れた安心感はかなりなもんです!!
   
ポイントは橋の下でした。
コマセは水深が浅いので、コマセはあまり固めず投げていたので、
誘いをかけてラインを張り気味にしていたため、こちらに仕掛けが寄ってくる
コース状に撒くような感じにしました。
     
1枚目の時もそうだったけど、ずっとノーガンでジワリジワリと落としていき
しばらく待って、誘いをかけてしばらく待ちましたが、たまにあたりがあっても
やはり前あたりですぐに離すか、餌はそのままでハリスがよれよれに噛まれて
戻ってきます。
         
ハリスはよく噛まれて、何だか餌を我慢してハリスを噛んで空腹に耐えるという
チヌたちのダイエット法なんかと思ったくらい。
               
回収した仕掛けは、こんな感じで、こんな感じでハリスがシワシワになっています。



れでも…1時間ネチネチと頑張ったら、2枚目がかかりました!!



今度のチヌは元気が良かったです。



体高もあり、ムチムチと太っていて、元気バンバンチヌって感じですよ。
このチヌもネリエ&コーン1号で釣れました。



そして...
もう誘いまくらんと、チヌが関心を示してくれんわ~と、とにかく底に着底したら、
そこから誘って誘っての繰り返し。
               
この頃から、潮位が上がって、敷石は水没したけど、今度は水の濁りが
ものすごいことになりました。
                  
元々、濁りはちょっとあったけど、これにプラスして、
ゴミも大量、ボラも大量って感じ…。
         
コマセを撒いたら、池の鯉みたく、ボラが大騒ぎして、浮きがもまれて、
大変なことに。
ボラゾーンを抜けてもぞもぞっとするあたりすらなくなってきたので、
練り餌を大きくし、ミックスの色を替え、上潮が滑っているので、
ラインコントロールを誘い代わりしながら
投げること30分くらい。
               
もぞもぞ着底前の中層くらいであたりがまた発生し、様子見。
このチヌは誘い2回目にして食ってきました!!
このチヌも、元気元気~~。



ほんと、この日は食ってくれるまで長い道のりでした~~。
その後、3投目にして、ミニキビレが釣れました。
このキビレが一気に食って、猛ダッシュで走るという
一番気持ちのいいかかり方でした。



ただ....
このチヌから、濁りはもっとひどくなり、
そういえば、ここ最近雨が降ったな...と思った次第。
               
川からの水も流れ込んでくるので、濁りは結構ひどかったです。
隣で釣っていた稲さんは、こりゃ最悪じゃと、橋の向こう側に場所移動し、
そこで頑張って釣ることにして私の隣から消えていきました。
                  
でも、移動先からは、ぶつくさ独り言が聞こえてくるだけで、1時間くらいしたら、
まったくあたらんって帰還してきました。
      
橋の向こう側もずっとあたりがなかったそうです。
私も稲さんが移動してからも全くあたりがなく、話し相手が戻って来て、一安心。
話し相手はできたものの、ほんま食わんね...っていう会話ばっかりでしたが…。

もう12時を回りつつあったので、
今回持参したコマセは少な目だったというのもあり、私はそろそろ納竿準備。
                  
稲さんは、絶対に釣りたいから、もう少し付き合ってよ~と、
まだまだ頑張りモード全開。
    
私もとりあえず、コマセがまだ効いているかもしれないので、付け餌だけ付けて、
置き竿をし、道具を洗っていました。
                  
この頃、上潮がもっとすべっていたので、浮きが先行するため、
口なまりにがん玉を付けたのが功を奏し、稲さんが底であたりを感知。
             
ようやくあたりがきたよ~と、緊張しながら稲さんがアナウンス。
稲さんの時も、前あたりが長く、なかなか食わなかったみたいだけど、
ようやく食ってきたみたいです。
もう、めっちゃ嬉しそうにやり取りしてました。
しかも、稲さんのチヌもものすごくパワフル。



そして、貴重なチヌを慎重に慎重にタモ入れをし、見事チヌをゲットです。



めっちゃいい型ですね!!
           
いやーーー、粘り勝ちじゃね~と、盛り上がりながら後片付けをしました。
稲さんは、今日は浮きを替え、浮きに張っていたバランサーを外したり、
今回釣れたチヌの時は、上潮がすべっていたので、浮きが先行しないように、
口なまりを打って、投げたらそれが正解だったみたいです。
             
今回、走るあたりはミニキビレ以外にはちっともなかったけど、
久々に午前中だけで4枚も釣れて、ほんと良い釣行となりました。
   
どのチヌも良型です。



最近は、あたりがほとんどない日っもあったりしたので、
もぞもぞのあたりがあるから、ずっと集中できて頑張れた気がします。
                        
いつも釣ったチヌは持ち帰って食べるので、今回2人で釣ったチヌ4枚全てを締めて、
お腹のチェックをしたら、まず海水が濁る前に釣れたチヌ2枚は
麦をたくさん食べていました。
             
海水が濁り始めてから、釣れたチヌ2枚の胃袋は なんと空っぽ。
あんだけ撒いたコマセをなーーんも食べていませんでした。
同じポイントでも、状況で、チヌの食い気も全く違ってくるんですね。
いい勉強になりました。


2017年9月20日水曜日

鹿児島 谷山港のクロダイ釣り




 投稿者名 柿添 賢さん
 お住まい 鹿児島県
 天候 晴れ
 日時 平成29年8月28日(月)
 釣り場 鹿児島県 谷山港
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ50センチ 他 小あじ・小鯛・メイタ沢山
 使用したハリ 勝負ちぬ ヒネリ 2号


ヒロキューからチヌ用練りエサが新発売になり、自宅から5分の港に釣りに行った。


  
私は前からチヌ釣りの付けエサはオキアミを使用していたので
練りエサでの釣りには違和感がありました。
練りエサの釣りに半信半疑で挑んでみました。
               
仕掛は
・竿   1.2号
・ライン キザクラセミフロートインパルス2号
・ハリス キザクラ全層ハリスト1.75号
・ウキ  キザクラ大知遠投60 LL000
・針   金龍勝負ちぬヒネリ2号
をセット
   
撒き餌さはヒロキューの新鮮なオキアミ半角に俺のチヌ・生なぎさ黒鯛を
各1袋を混ぜ込み、付けエサは練りエサ3種と生オキアミを準備した。
                 
せっかく釣りに来たのだからせめて1枚は釣りたいと思いツケエサはオキアミを使った。
針は掛かり重視のフトコロ形状の勝負ちぬをチョイス。
強度があり巨チヌにも耐え最強の張りとして使用しています。
ウキは自重があり安定してポイントに投入しやすい大知遠投60LLを使用。
      
ポイントを決めマキエサを10枚ほど撒き、1投目投入し待っていると
まずアジが釣れ、メイタ、タイの子が釣れ沢山のエサ盗りが寄ってきているので
ここぞとばかりに練りエサに目をやるとトウモロコシと目があった。
                  
今日のチヌはトウモロコシが希望かなと思いつつ
小指の先ほどをちぎり針に付けた。
トウモロコシは練り餌がしっとりしていて意外とソフトで手にもこびりつかない
しっとり感で使いやすい。
また勝負ちぬにもしっかりフィットし投入しやすいエサです。
                   
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=78

        
トウモロコシを付け投入、期待し待っているとコツコツとアタリがあり
ラインがスーッと入っていった。
キタッー。

竿を立てるとズッシリとした重みが伝わってきた。


                
寄せて浮いてきて姿を見ると50センチのりっぱなチヌでした。


   











                
勝負ちぬにがっちり掛かっている。
     
食い渋るチヌにも違和感を与えず食いついてきました。
勝負ちぬの使用できっとチヌに会えると思います。



2017年8月10日木曜日

秋田県由利本荘市 松ヶ崎漁港の黒鯛釣り




 投稿者名 伊藤 公之さん
 お住まい 秋田県
 天候 晴れ
 日時 平成29年08月某日
 釣り場 秋田県由利本荘市  松ヶ崎漁港
 釣り方 紀州釣り
 魚種 クロダイ 38cm 47cm
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 2号

とある休日、早朝から伊藤家のお墓の掃除を済ませ、
今年初の紀州釣りをしに海へ向かった。
                                 
自宅から車で10分程のところに2箇所の漁港があるが、
1箇所はやや強めだった東風が正面となるため、
もう1箇所の松ヶ崎漁港へと出向いたのである。
                                                
ここは紀州釣りを行った事の無い場所であり、
試し釣りには持って来いの場所でもある。
そそくさと準備をして水深を測ると約5mと釣りをしやすい場所であったが、
エサ取りが気になる時期でもあったため、練りエサも視野に入れ
勝負ちぬネリエ&コーンの2号を選択し、釣りを開始した。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1130


堤防周りには無数の鯵が見えるが、だんごを投入しているポイントには
上層にサバが見える程度で、鯵が寄りつかない状況だった。
                       
だんごを投入して仕掛けを引っ張ると上層ではサバが食いつくものの、
底付近では餌が残る状況が続く・・・
                   
と釣り開始から30分程したところで ウキにかすかな反応が出たため
すかさず合わせを入れると、重い感触が伝わってくる。
暫し やり取りすると47cmのチヌが顔出す。


内心大喜びだった自分が居たが、今日は33℃を超す猛暑、
もう一枚と思い釣りを再開すると、
間もなく38cmのチヌが釣れた!



2枚目が釣れてからは鯵、サバの猛攻を受け、暑さに耐え切れず納竿となった。
                               
釣った事の無い場所でも試してみる価値のあった釣行でした。
また、ウキにハッキリとした反応が出なかった状況であったが、
軽い合わせにしっかり反応して鈎掛かりしてくれた勝負ちぬに感謝です!

2017年8月9日水曜日

茨城県那珂湊 那珂川河口でのクロダイ釣り




 投稿者名 黒澤一天さん
 お住まい 茨城県
 天候 曇り・晴れ 水温22℃  潮大潮  波3m
 日時 平成29年08月06日(日)  09:00~16:00
 釣り場 茨城県 那珂川河口
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ 25~35cm5枚
 使用したハリ 勝負ちぬストレート 2号

真夏に突入して、暑い日が続いています。
                     
台風5号の影響がとても心配でしたが、思っていたよりスピードが遅く
釣行当日は波が高いだけで 特に悪天候に見舞われずに釣りをする事ができました。


                  
今回の釣行場所は那珂川の河口になり、那珂湊よりの護岸から竿を出しました。
ここの釣り場は河口になるので波はほとんど入ってきませんが、休日になると
レジャーボートやマリンジェットの通行が多くなり、それによってできた波が
押し寄せる事もあるので不意の大きな波には注意をして釣りをしなければなりません。
                      
今回は私の師匠であり、金龍鉤スペシャルスタッフの伊藤さんに同行させてもらい、
二人で釣り場の選定をしてから釣座に入りました。
海の状況的には エサ取りはいるにはいますが、そこまでうるさくなく、
コマセの打ち分けと仕掛の投入ポイントをずらしてあげれば十分釣りになります。
                         
河口の流れにあわせて、掛け合わせで食わせたいと思っていたので
「金龍鉤 勝負ちぬ ストレート 2号」を選択。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=78



根掛かり覚悟で護岸のキワを中心に狙って行くと私にファーストヒット!
誘いをかけて落ち込んだ時にヒットしてきました!
36cmの元気なリバーサイドチヌです♪
見事カンヌキにフッキング成功!



その後、場所を少し動き伊藤さんが立て続けに2枚ヒットさせ、
キレイな竿さばきで無事ランディング成功!

   





















お昼を過ぎ暑さもピークをむかえ、
何もしてないのに汗がとまらなくなるぐらいになってきたので、
ほどほどに納竿に致しました。



二人の合計で5枚の釣果でした。
                    

9月にかけ本番をむかえるリバーサイドチヌ
走りになる今回の釣行で良い手応えを掴めたので本番の9月が楽しみです!!!





                    
捕捉になりますが、釣行を終えて釣果が出た護岸のキワ狙いは
非常に根掛かりが多発するポイントなので 少しでも根掛かりを回避する為に
針先がネムリの入っている「金龍鉤 勝負ちぬ渚」の方が手返しよく
リバーサイドチヌを狙って釣果が出しやすいと感じました。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1136



私のブログでもこの日の釣行をアップしていますのでよろしくお願いします。
黒澤一天の…『クロダイ修業!?一天勝負!!』
http://blog.goo.ne.jp/03220429

千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランドの黒鯛釣り






 投稿者名 我妻 総一さん
 お住まい 茨城県
 天候 晴れ 大潮 2m
 日時 平成29年08月05日(日) 
 釣り場 千葉県 匝瑳市吉崎ヘッドランド
 釣り方 ウキフカセ釣り
 魚種 クロダイ 44cm~52cm
 使用したハリ 勝負ちぬ 2号


台風5号からのウネリが届き、海は濁りが入り黒鯛釣りには好条件となっていました。
足元には離岸流が流れ潮目がかなり先まで延びていました。
                      
前日はエサ取りのフグが多かったらしいので、コマセを入れずに暫く流してみると、
全くかじられる事なく帰って来ます。
それからかなり潮上にコマセを入れ出し仕掛けと合うイメージで釣りだしました。
                      
波が強く中々仕掛けが安定しませんでしたが、
エサはそのままなので、口鉛を重くして潮目を流していると 一瞬ラインが出た感じ
だったので竿を起こすと 一気に走り出したので溜めた瞬間 
歯に掛かっていたのか外れてしまいました。
                     
上げ潮が入り出すと波で流れを押さえてくれているのか
足元にヨレが出来始めたので、口鉛を軽くして根周りに入れ込むと
コンと当たったので合わせると、グングン激しく抵抗して離岸流から浮いて来たのは
45cm弱 しかも皮一枚でした。
                      
それからしばらく当たりが遠退きましたが、波がおとなしくなり
掛けた時に際ぎりぎりに仕掛けを入れ張り込んでいると
又、小さな当たりを感じたので、即合わせると重量感たっぷりで全然浮いて来なく
何度も突っ込み続けて、やっとネットイン52cmの立派な魚体でした。



食いが渋いのか又皮一枚、それでも外れる事なく勝負ちぬは食らいついていました。
そのお陰で安心したやり取りが出来ました。

2017年8月7日月曜日

第18回バリバリ伝説 結果報告






7月30日(日) 北九州市若松区・脇ノ浦漁港にて
第18回バリバリ伝説が無事に開催できましたことを報告いたします。
今回は、釣り雑誌社の手違いで事前の大会告知と参加者募集が紙面へ
掲載されなかった為、ホームページやブログ等でしか一般募集ができず
参加者数に不安がありましたが、常連参加者様から他への直接声かけ等の
ご協力もあり、なんとか総勢53名で開催することができました。
                                              
                        
釣果の方は数、型ともに素晴らしく、近年稀に見る大漁であった昨年度をも
超えたのではないかと思われる内容に、参加者の釣技の向上も感じました。
また、競技中にはベテランからバリの釣り方
(ツケエサにマキエ、釣り方、食べ方に至るまで)
のちょっとした講習があったり、なぜかスタートから他魚の部狙いで
取り組んでみたりと色々な方がいらっしゃったようですが、これは
「バリバリ伝説はただ勝ち負けを決める為だけの大会ではない」
という私の考えを反映するような場面でありますので
主催者として優しく見守りました・・・・
                            


競技終了後は釣り場、使用した漁港共に恒例の清掃を参加者全員で行い
周辺で釣りをしている方々にも、当たり前にすることの大切さを
分かっていただく為、少々わざとらしくでも「清掃姿を見せる」
ということを重視しました。
                 
今回も貴社をはじめ、多くの協賛のお陰をもちまして、メジャーな大会に
勝るとも劣らない盛大な表彰式と抽選会を行う事ができ
終始笑顔のバリバリ伝説となりました。



             結果報告
■バリの部
 優勝 福山和幸 42.0センチ 1820グラム
 2位  西川賢治 41.4センチ 1200グラム
 3位  甲斐孝光 41.4センチ 1000グラム
 4位  増井弘幸 41.4センチ  900グラム
 5位  落合志穂 40.2センチ 1100グラム
 6位  泉 清明 40.0センチ  840グラム
 7位  山崎聖二 39.5センチ 750グラム
 8位  柳 賢治 39.4センチ 1100グラム
 9位  高橋秀徳 39.3センチ 900グラム
10位  近藤正広 39.0センチ 1200グラム
■他魚の部
 チヌ 堀端政行 44.7センチ 1350グラム  
大会内容につきましては、
北九州の釣り雑誌「釣ファン」9月20日発売号
私の連載にて、企業・個人の協賛を含めて掲載いたします。

第18回バリバリ伝説(2017)
主催者 山崎聖二

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1220


○ここであまり公開しすぎるとマズいので、このぐらいにしておきますが、
そこの7位の人が使ったハリは「勝負グレ早掛け」8号です。
 
あのハリは
そこそこの太ハリスも使えるミミと強度を持ってますから、
バリにも相性バッチリです。











2017年7月25日火曜日

千葉県 勝山/大ボケの磯のメジナフカセ釣り





 投稿者名 赤嶺鉄平さん
 お住まい 千葉県
 天候 晴れ/小潮    
 日時 平成29年07月16日(日)
 釣り場 千葉県 勝山/大ボケの磯
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 メジナ
 使用したハリ 勝負グレ早掛け 6~7号


7月の3連休中日、
我がホームグラウンドの勝山の沖磯へ行ってきました。
                          
乗った磯は「大ボケ」。



足元から満潮時で9m以上ある内房きっての深場の磯です。
実は6月にもこの大ボケで釣りをしてきたのですが、小サバの猛攻に遭い、
30センチのグレを5~6匹捕るのがやっとでした。
ですので、今回はリベンジ釣行となります。
                                 
この日は小潮なので あまり潮が動かなったのですが、
先月大量発生していた小サバは1匹も見当たりません。
代わりに、元気な木っ端グレが水面をバシャバシャ
音を立てながらコマセに群がる始末。
(これはこれで厄介・・・)
                
さて、針ですが
最近お気に入りの

勝負グレ早掛け

7号をチョイス。 
活性が高いので
7号でも食ってくると
思っての選択でした。















まず最初はコマセ着水と同時に群がる木っ端グレの中から、
良型を拾っていくことにしました。
             
が、掛かるは木っ端グレばかり。サイズアップしても25センチまで。
手返しを早くすればするほど暑さが体力を奪っていきます。
              
少し棚を深くしても、オキアミでは木っ端軍団に全く歯が立ちません 。
結局釣り開始から3時間粘っても、キーパーの30センチのグレは0匹。
                        
そこで後半はガラリと仕掛けを変えることに。
                
棚は竿1本~1本半。
エサはオキアミから某メーカーの赤と黄のネリエを混在させたもの。
エサ取り対策として、少し大きめに針に刺すことに。。
まるで、チヌ釣りのようです。
           
ところが、その仕掛けに変えた途端、30センチの口太グレが釣れました!
2投目はなんと30センチの尾長グレが。
               
黙視できなかったですが、
良型のグレは中層~底付近にいるようです。
           
また、ネリエサにすると、木っ端具グレに食われる
回数が極端に少なくなることも発見。
             
一気に やる気モードに突入!

上手く木っ端グレやスズメダイをかわし、中層までエサを送ると、
高確率で30センチ以上のグレが食いだします!


             
コマセワークのパターンをつかんだら、ほぼ一投一撃で食ってきます。
                 
結局、30~35センチのグレは20匹以上の釣果!
最大魚は尾長グレの36センチ。



夏、しかも内房でこれだけの釣果が上がれば上出来です。

今回も勝負グレ早掛けの刺さりは抜群の安定感がりました。
良い釣果をもたらせてくれたのは、針のおかげです。