2016年12月29日木曜日

兵庫県西宮市 西宮ケーソンのチヌ&ハネ釣り











 投稿者名 ハンドルネームちぬだんごさん
 お住まい 大阪府
 天候 晴れ  潮 長潮
 日時 平成28年12月23日(金)
 釣り場 兵庫県西宮市 西宮ケーソン
 釣り方 シラサエビ ふかせ釣り
 魚種 チヌ・ハネ~45cm
 使用したハリ 勝負ちぬ1号 (ヒネリタイプ)


朝方は、7割方混み合っていましたが、日があがってガラガラになり
ポイントを移動し2投目に1枚。
                  
間を空けずにアタリがポツポツありました。
エサはシラサエビで
今日はスパッとウキを消し込むアタリが多い気持ち良い日でした。
              
風が強く吹き、午後から雨も降ったり止んだりの天気でした。

         



           


状況は釣りにくい状況
波もあったのですが、魚はよっていて いい状態でした。
            
針がかりの良い勝負ちぬと勝負ちぬSSを使いました。
勝負ちぬ
勝負ちぬSS1号
山豊チヌハリス1.5号





最後に今年を振り返って、勝負ちぬを使用し、釣果が上がりました。
今では必ず持って行く針です。
本年は誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
                 
ホームぺージ
ちぬだんご紀州釣り和歌山淡路島
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/dangoturi/
               

広島県 宮島の包が浦の波止 チヌのフカセ釣り










 投稿者名 大野純子さん
 お住まい 広島県
 天候 曇り/強風
 日時 平成28年12月23日(金)
 釣り場 宮島 包ヶ浦の波止
 釣り方 フカセ釣り
 魚種 チヌ
 使用したハリ 勝負チヌ ネリエ&コーン2号、SSチヌ4号




今回は稲田裕俊さん(稲さん)と幸美さん(ゆきちゃん)と
3人で宮島の包が浦の波止に行きました。
                 
ゆきちゃんは、今回初めてのフカセ釣りチャレンジです。
天気予報では、前日までは11月上旬くらいのポカポカ陽気だったらしいけど、
私たちの釣行予定日はちょうど寒波&強風予想。
         
予定していた釣り場は風速6m~8mくらいとのことで釣りになりそうにないので、
新しく釣り場を考えようということになり、稲さんが絞り出した釣り場案は
宮島の包が浦の波止。
       
宮島での釣りは渡船で磯に渡してもらったことくらいしか行ったことがないので、
波止は初めてです。
      
包が浦へは車で行くようになるので、フェリーの松大観光船の始発に
車ごと乗り込み、宮島へ到着したら車で宮島の裏側、包が浦へGO-!
包が浦へは、フェリー桟橋から車で10分くらいの距離です。
到着し、お目当ての波止に行きましたが、先客はいなくてラッキー!!
ただ、牡蠣殻が大量に捨てられているので、
牡蠣殻の周りに鹿の群れがすごかったです。
宮島ならではの風景かなー。
      
到着した時は、風が強くなく、冬のピシっとした海の香りが感じられ、
朝日がとてもきれいでした。


     
早速、準備開始!
この日は長潮で潮が動きそうになく渋そうだし、
それでもいざかかったらやり取りを楽しみたいので、久々に
0号のチヌ竿で釣ることにしました。
なんと稲さんも同じような理由で0号竿で準備していました。
               
使用した浮きはL0号、道糸1.5号、ハリス1.2号、
針は金龍針ネリエ&コーン2号使用です。
仕掛けの準備中に、針を付ける時に
ゆきちゃんにちょこっと針付けレッスンもし、針付け練習は
次回までのゆきちゃんの宿題となりました。
早速、釣り開始!!
                   
かけ上がりが10mくらい先らしいので、
10mくらいのところを目指して投げてみたら、
潮はゆっくり右に流れていく感じ。
そのままゆっくり流していったら、波止の先端手前で何だか
アタリめいた小さな動きがラインに発生。
                  
ゆきちゃんと、これってアタリよね~と、
ワーワー言っていて、
稲さんも駆けつけ3人で見ていたけど、
ちょっとしたら怪しいラインの動きは終了...。
                    
合わせを入れてもどうせすっぱ抜けでしょーと、
ちょっとマイナス思考出てしまって、しっかりとオキアミを食うまで
待っていたんだけど、結局ダメだった…。
ダメ元で合わせたら良かったな…。
                
そして、予報通り、段々と風が強くなり...
投げても、右に流れて波止をグルっと周って後ろ側に行くような
潮なので何だか難しい…。
遠投してもかけ上がりに投げてもこんな感じで流れていき、
潮位も低いし微妙です。
            
渋すぎる時は、気分転換に休憩に限る...ということで、

       
10時のおやつタイム。
今回はおやつの友が
いるので、
ありがたいっ!


                 













     
ゆきちゃん、たっぷりお菓子を準備してくれていて、
サンタの袋みたく色々とお菓子が出てきて、
ワクワクのおやつタイムでした。
             
二人で休憩をしていたら、
稲さんが何かがかかったっでーってアナウンス!!
         
やったじゃーんって稲さんイベントを見ていたら、残念なラインブレイク。
この勢い、強さってコブダイだったそうですよ。
              
そういえば、大野町の小田島公園波止もコブダイに
何度かラインを瞬時に切られているし、
宮島の波止もコブダイの洗礼を浴びそうな気がします。
稲さんのイベントから、休憩終了!!
でも…またアタリなしの切ない時間が過ぎ...
10時24分が干潮なので、満ちに変わったら、
きっといいことがあるかも...と、
潮位が上がるのを心待ちにして投げていました。
                      
潮が上げに変わったけど、相変わらず、潮が右に流れて
波止裏に行くので、私の左側で投げていた稲さんのポイントの近くに
投げることにしました。
そこなら、波止をぐるっと周る潮に乗らないので、
ちょっとは釣りになる感じ。
             
潮はクリアできたけど、風がすごいので、とにかくあたりがわかりにくいのは
どうしようもないですけどね。
そんな中、稲さんがきたよ~と再度アナウンス。
                      
 

 

















力強くやりとりをし、二人ともメジャーを持って行ってなかったので、
サイズを測れなかったですが、そこそこなサイズのチヌを釣りました。


                  
このチヌはとても元気なチヌで稲さん特製のオキアミに食ったそうで、
アタリはさっとラインが走ったということです。
              
いいなぁ、稲さん...と
羨望のまなざしで見ながら、私もナビと針上に打っていたG3のガン玉を
ガンダマをハリスの真ん中にと針上にそれぞれG5を打ち、
黄色練り餌を付けて、30mくらい遠投していたんだけど...
             
特にアタリもないので、そろそろ練り餌もないかな??
と思い回収しようとしたら...あれれ
何だか重たい...
       
根がかりしたかも~と話していたら、ピンピンラインをひっぱったら、
突然のお怒り生命反応!!
                
ずっとラインと竿先を見ていたのに、異変にちっとも気付かなかったのは、
私がどんくさかったからか、もしかして冬の定番、居食い??
大人しかった魚は、どうやらチヌみたい!
30m巻いてくるので、0号だとやりとりが楽しいんです。



                  
ようやく足元近くまで巻いてきたけど、この波止の下は敷石ゾーン。
敷石の下がちょっとえぐれていて、
藻もそよそよしているところがあるんですが、
ここに向われたらいけんーって
思ってはいたけど、思いとはうらはらに、浮かす前に速攻で
藻の中へドーンとチヌが逃げ込んでしまいました。
えぇぇーーー、ここで藻抜き失敗したら、
もしかしたらのボウズの危険性大じゃん~と
ドーンと胃袋が沈みましたが...
でも、ラインを緩めてちょっと待っていたら、
このチヌはせっかちだったのか、すぐに敷石の藻の下からダッシュで
脱出を試みました。
          
チャンス到来ですかさずチヌを浮かせて、何とか第1号チヌを釣りました。
このチヌ、居食いの後はめっちゃパワフルで良型!!



         
もしかしたら、今から釣れだすかも~
と盛り上がり、その後、ほどなく2人とももう1枚ずつパワフルチヌを追加!
稲さんはオキアミで、私は黄色の練餌でそれぞれ釣りました。
どちらでもいけるってことですね。

針は、私は開始から変わりなく、ネリエ&コーン2号、
稲さんはSSチヌ4号で釣りました。
 
 
                     
ただ、この後、パッタリとアタリがなくなり、風もどんどん強くなるし、
時間も13時なので、とりあえずランチタイム。
この日は2人がラーメン鍋を用意してくてくれて、ガスで温めて
あったかラーメンを作ってくれました。
   

          
体も心も芯からから温まり、本当にのんびりできました。
     
釣り場で食べるもんって、なんでこんなに美味しいんでしょう。
魚を釣るのも楽しいけど、外でこうしてみんなでワイワイ話しながら
食べるのも楽しいですね。だから釣りって楽しい!!
     
ランチが終わったら、風も強いし、魚も釣れたということで、
私らは納竿をしました。
    
でも、ゆきちゃんは、当初は見学の予定でしたが、
この日からフカセ釣り入門なので、朝一番の針付けのレッスンの後は、
投げの練習をすることになりました。


      
この日は、なんとかちょこっと投げて、
ラインコントロールまで頑張ったゆきちゃん。
なんと、試しに餌を付けてちょこっと投げたら、どっかんとアタリ発生!!
             
そこそこパワフルで何が釣れたんだろーってみんなで盛り上がっていたら、

    
なんと釣れたのは
コブダイの
大きい赤ちゃんでした!!
            



















                         
            
足元までしっかりと巻き、フカセ釣りで初の獲物をゲット!
よく、頑張りましたで賞です、ゆきちゃん!!
                 
そして、私はしっかりとこのコブダイをゆきちゃんからプレゼントしてもらい、
その日の夜に塩焼きで美味しく頂きました(笑)
       
ちなみに、ゆきちゃんは、稲さんの竿で練習をしたので、
コブダイは、SSチヌ4号でガッシリとかかっていました。
  
そんなこんなで、この日のチヌ釣果は稲さんと私、2枚ずつ。
ちょうど、12時30分くらいに一瞬の時合いがあって釣れました。
            




               
そして、コブダイを最後に完全納竿。
帰りは、ちょこっと観光で、宮島名物、揚げもみじを食べて帰りました。
熱々なので最高!!
             
今回、初めて宮島にフェリーで釣りに行きましたが、
包ヶ浦は、公園なのでトイレがあり安心だし、
割と幅広の波止なので フカセ釣り初めての女性のゆきちゃんも
のんびりと釣ることができました。
      
観光地なのでフェリーの便数がものすごく多いし、
高速道路のインターも近いので釣行の計画も立てやすいと思います。
近場の釣り場なので、また行こうと思います。

2016年12月19日月曜日

九州真ぐれ会 鹿児島支部 忘年釣り大会










 投稿者名 柿添 賢さん
 お住まい    -
 天候 多少風はあるもののベタ凪 晴れ 中潮
 日時 平成28年12月11日(日)
 釣り場 鹿児島県 枕崎
 釣り方  クロ(グレ・メジナ)釣り
 魚種 クロ(グレ・メジナ)37㎝頭に 10枚
 使用したハリ 凄腕グレ5号




1211日の大会当日は多少風はあるもののベタ凪の最高の天気と
なった。朝5時に集合し瀬上がりの抽選が終り
今回お世話になる海星丸 星田船長に乗り込んだ。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
立神に4名が瀬上がりして
私は赤水にクラブ員の中山君と瀬上がりした。
右手は釣りやすそうだが沈みが正面から
右手側に張り出している。
結局は高場からの釣りになりそうで中山君が右手側に、
私が左側に
釣り座をかまえた。
                                     
撒き餌さは新鮮なオキアミ1角と
ヒロキューから新発売のグレゼロと
アドバンスグレを各1袋。
私は正面の沈みの張り出した先端に狙いを絞り
マキエサを撒きながら仕掛けをセットした。
          
今回の仕掛は
ラインはキザクラの全層セミフロートインパルス2
ウキVダッシュ K‘s Grevis  ST  0シブ に
バランサーで浮力調整Jクッション水中6号、
ハリス 全層ハリストMG2号 とした。
                               
仕掛が出来上がり隣の瀬の池田さんが早速、竿を出している。
私も仕掛けを投入した。
ウキはゆっくりと右側に流れて行き仕掛けが馴染むと
道糸を張りながら少しずつツケエサを送り込んでいく。

1ヒロくらい入ったところでラインが走った。
1投目からタマリマセン。
穂先を引ったくるようなアタリが来て合わせると
グーンと締め込んできた。
引きを楽しみながらタモに納めた。



大きくはないが37センチのまずまずのサイズでした。
 
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=9

 
 
金龍の凄腕グレ5号がバッチリ掛かっている。
            
隣で竿を出している中山君は
手前の沈みの瀬際を狙っているが苦戦している。
                    
私は27センチギリギリと34センチのクロを追加し
検量資格を確保できた。
後はサイズアップをめざし仕掛けを投入し馴染んだと同時に
さっきより強いアタリがきた。グングン締め込んでいく。

これはサイズアップと慎重にやり取りをする。

浮いてきた。
隣で中山さんがタモを用意してくれているので慎重に浮かせると、
45センチのイズスミだった。
           
引きだけはしっかり楽しませてもらいました。
がっかりしながら針を外し海に帰って頂いた。

今度は中山さんが竿を曲げてやり取りしている。
慎重に浮かせ取り込んだのは30センチのクロでした。
良かったね。最初の1枚に笑みがこぼれた。
         
この頃から潮の流れが変わり左に流始めた。
            
中山君が竿を曲げるがイズスミ、モンガラハギ、サンノジと
なかなか本命とマグり合わなったがこの流れに仕掛けが合ったのか
やっとクロのアタリをキャッチ。
慎重に浮かせタモに納めたのは28センチのクロで
やっと山中さんも検量の資格を確保できた。
                    
強い風と流れでたびたび浮力調整をしながらも
10枚のクロを釣ることが出来たが、念ながらサイズアップすることは
できず納竿となった。
 
 
                    
今回の大会は25センチ以上のクロ3匹の重量で争った。
 
 
 

検量の結果、
立神に瀬上がりした
市坪君が2㎏を釣り
 
優勝!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2位は1.7kgの武藤君、
3位は1.6㎏の私でした。
 
 







2016年12月12日月曜日

鹿児島県 牛根冷凍団地のチヌ釣り







 投稿者名 朝倉 洋明さん
 お住まい 鹿児島県
 天候 雨 のち くもり
 日時 平成28年12月4日(日)
 釣り場 鹿児島県大隅半島 牛根冷凍団地   
 釣り方 フカセ釣り
  魚種 クロ35㎝  チヌ32㎝~45㎝ 
 使用したハリ 勝負チヌSS3号~2号


 今回は、沖磯の予定でしたが、時化の為急遽、風の影響の少ない
牛根冷凍団地に来ました。
     


この場所は、桜島の裏に有り波風の影響を受けず竿を出すことが出来ます。
最初にマキエサを、準備をすると、イケスの近くでナブラが出ると
後ろの方にイルカが数頭小魚を捕食していた。
こんな近くにイルカが来るなんて、「スーゲー」驚いた。
                     
 仕掛けを全遊動沈めに、ハリは勝負チヌSSの3号をセットした。
釣りを開始したが、釣れるのはアラカブに小さな鯛だけで、なかなか本命が釣れない。


















上げ潮から下げ潮になるとコッパクロが釣れだしサイズが思うように上がりませんが、
今回一緒に同行した車田君がクロの35㎝をゲットした。「いいね~」
 
 
















             
お昼も過ぎ、釣果がいまひとつで、仕掛けをいろいろ交換し、
ハリもサイズを変えたりしましたが、本命のアタリを取ることが出来ない。 
                  
夕方4時前にゴールデンタイムに突入!!
仕掛けを、00号のウキを使用した全遊動仕掛けに変更し、
ハリは勝負チヌSSの2号を使用し仕掛けが馴染むとユックリ沈むようにセットした。
                       
干潮から上げ潮に潮が動き出すと、水中のウキに反応が有りアワセを入れると
チヌのような引きで、




海面に顔を出したのは32㎝の綺麗なチヌくん。
取り合えづボウズは逃れた。
                     
マキエサを多めに撒き、仕掛けを投入しさらにマキエサをウキにカブシ、
仕掛けを張りながら様子を伺うと マキエサにエサ取りのイワシ系が湧き眺めていると
指先のラインが弾き飛んだ、
                              
「キター、久々にキター」
              
リールのベールを戻し 竿で溜めるとチヌの独特の引き首振りダンス、
慎重にやり取りをして、浮かしタモ網に収めた。


すぐメジャーで測ると45㎝















                   
今日一番のチヌで喜んでいると
隣の車田君が 「ブリかカンパチのデカイ(70~80㎝)のが、回ってきた」



       













テンションが上がったが、さすがにチヌの仕掛けには、耐切れず、
二人ともラインを2~3回ほど飛ばされ納竿とした。










鹿児島県 垂水新港堤防のクロ釣り














 投稿者名 眞戸原 裕一さん
 お住まい 鹿児島県
 天候 晴れ、中潮
 日時 平成28年11月18日(金)
 釣り場 鹿児島県垂水新港堤防   
 釣り方 フカセ釣り
  魚種 クロ足裏 35㎝ 
 使用したハリ 勝負グレ早掛け4号



地元では人気の堤防に堤防クロを求め釣行してきました。


                        
平日とあり釣り人は少な目。
前回と同ポイントに着き、護岸を除くとデッカイチヌが.5匹遊んでいます!
こんなチヌ見るとチヌ釣りしたくなりますが、我慢我慢!
今日はクロ一本狙いですので、パン粉しか持って来ていません。
ツケエもパン粉です!
前回、オキアミに反応が悪すぎたのでパン粉釣法で堤防グロを攻略のつもりです!

                                         
パン粉がしっとりなる位までバッカンの中で優しく混ぜて、
親指大の大きさの固りを足元に柄杓は使わず手撒きします。
10分程でクロがチラチラ見え始めました!
しかも良型揃い!相変わらずバリも多いです(^^;
高ぶる気持ちを抑え暫くクロの動きを観察!
30クラスに混ざり明らかに40センチオーバーのクロが数匹、
更に50近いデカグロがたまに食い上がってきます!
ドキドキが止まりません。
仕掛けは小粒の0浮力のウキを使用した全遊動仕掛け!
ハリスは1.2号を1ヒロにキンリュウ勝負グレ早掛けの4号を結びます。

パン粉を針に三角状に付けます。
あまり強く付けず、ゆっくりバラける程度の固さがベストです!
大きさは小指の先程に!
パン粉に食い上がるクロに合わせツケエのパン粉を落とし込むと、
一発で食ってきました。
 
 
ウキに明確なアタリは出ませんが、カラマン棒役の釣研マッチ棒の
アタリウキの動きで素早くアタリを拾いコンスタントにクロをキャッチ出来ました!
途中、巨ボラの襲撃もありましたが、パン粉だけのマキエに興味が無かったのか
直ぐに退散しましたよ(^.^)
潮の加減でタナが多少上下しましたが、明らかにパン粉の食いは良かったです!
一回だけ40オーバー掛けましたが、
後少しのところで針外れかなり悔しいでした(T . T)
惜しくも40オーバーは逃しましが前回のリベンジ成功で
満足のいく釣果となりました(^^)
最大、35㎝!



 




体高のある満丸クロは元気いっぱいでサイズの割には良く引いてくれました!


 
                        
クロ釣りシーズン前のウォーミングアップには絶好の釣り場です!
この調子で磯でデカグロ仕留めたいです。

やっぱりクロ釣り楽しいですね~(^^)